国立病院機構南京都病院

独立行政法人国立病院機構南京都病院(どくりつぎょうせいほうじん こくりつびょういんきこう みなみきょうとびょういん)は、京都府城陽市にある医療機関独立行政法人国立病院機構が運営する病院である。旧国立療養所南京都病院政策医療分野における神経・筋疾患、呼吸器疾患重症心身障害、長寿医療、成育医療の専門医療施設である。2012年2月に延べ床面積9200㎡の新病棟が竣工し、1-2階は重症心身障害病棟、3-5階は呼吸器外科などの一般病棟となっていて、2階には療育訓練スペースも設けられている[1]。病院の東側に京都府立城陽支援学校が隣接する。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 国立病院機構南京都病院
病院外観
情報
正式名称 独立行政法人国立病院機構南京都病院
英語名称 National Hospital Organization Minami-Kyoto Hospital
前身 傷痍軍人京都療養所
標榜診療科 内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、呼吸器外科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、麻酔科
許可病床数

370床
一般病床:270床



結核病床:100床
開設者 独立行政法人国立病院機構
管理者 宮野前健(院長)
開設年月日 1939年2月
所在地
610-0113
京都府城陽市中芦原11番地
位置 北緯34度49分51.9秒
東経135度48分48.7秒
二次医療圏 山城北
PJ 医療機関
テンプレートを表示

目次

沿革編集

診療科編集

  • 内科
  • 神経内科
  • 呼吸器科
  • 消化器科
  • 循環器科
  • 小児科
  • 外科
  • 整形外科
  • 呼吸器外科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科
  • 麻酔科

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ a b c 療養環境大きく改善 南京都病院、新病棟の完成式”. 京都新聞 (2012年2月12日). 2012年2月13日閲覧。

出典編集

  • 独立行政法人国立病院機構南京都病院公式サイト

外部リンク編集