メインメニューを開く

国際水産資源研究所(こくさいすいさんけんきゅうじょ)は、国立研究開発法人水産研究・教育機構の研究所の一つ。主にマグロクジラなどの資源管理に関わる調査、研究を行っている。漁業調査船俊鷹丸 (清水港)を擁する。略称は国際水研

国際水産資源研究所
National Research Institute of Far Seas Fisheries.JPG
正式名称 国際水産資源研究所
英語名称 National Research Institute of Far Seas Fisheries
略称 国際水研
組織形態 国立研究開発法人の一部門
本所所在地 日本の旗 日本
424-8633
静岡県静岡市清水区折戸5-7-1
北緯34度59分28秒
東経138度30分55.4秒
座標: 北緯34度59分28秒 東経138度30分55.4秒
所長 魚住雄二
活動領域 遠洋における水産
設立年月日 1967年8月1日
前身 南海区水産研究所ほか
旧称 遠洋水産研究所
上位組織 国立研究開発法人 水産研究・教育機構
所管 農林水産省
拠点 #所在地節を参照
漁業調査船 俊鷹丸
ウェブサイト http://fsf.fra.affrc.go.jp/
テンプレートを表示

所在地編集

本所 静岡県静岡市清水区折戸5-7-1 本所
横浜駐在 中央水産研究所 外洋資源部

研究組織編集

以下の3部構成となっている。

くろまぐろ資源部
クロマグロ類の生態と資源評価・管理についての研究
かつお・まぐろ資源部
かつお・まぐろ類の生態と資源評価、混獲対策についての研究
外洋資源部
鯨類・いか類の資源評価と、その他外洋資源の生態についての研究

沿革編集

  • 1949年: 水産庁南海区水産研究所高知県高知市に設置される。農林省水産試験場の延岡分場、串本分場、油津分場をそれぞれ支所として継承。
  • 1964年: 3支所を廃止。
  • 1967年: 北海道区東海区、南海区の3研究所に分散していた国際漁業研究部門を移転統合し、静岡県清水市遠洋水産研究所を設立。北海道区水産研究所からは函館支所(現・函館市職業訓練センター)をそのまま北洋資源部とする形での発足となった。
  • 1970年: 函館の北洋資源部を清水へ移転 。
  • 1998年: 北洋資源研究部門を北海道区水産研究所に移管。
  • 2001年: 独立行政法人化により水産総合研究センター遠洋水産研究所となる。
  • 2011年: 国際水産資源研究所に改称。
  • 2016年: 独立行政法人水産総合研究センターが水産大学校を統合し、国立研究開発法人水産研究・教育機構となる。

脚注編集

[ヘルプ]

外部リンク編集