メインメニューを開く

國井 正廣(くにい まさひろ、1944年7月5日 - 2019年6月12日[1])は、日本の俳優殺陣師東京都出身[2]

舞台から映画まで幅広く活躍。現代アクションにて「ファイティング・コーディネーター」「アクション・コーディネーター」などの表記を先駆けて起用、現在「ファイト・コレオグラファー」の表記にて活動中。海外でも高い評価を受け、日本人で唯一ワークショップでの講師を務める。

林邦史朗に師事し、1984年「オフィス國井&悪童児」を設立。1990年には、初の日本人殺陣師としてブロードウェイ・ミュージカル『将軍』に参加。以後、ニューヨークイタリアで殺陣の海外公演を成功させる。蜷川幸雄作品では、『ハムレット』『ロミオとジュリエット』『タンゴ・冬の終わりに』『タイタス・アンドロニカス』『コリオレイナス』『ヘンリー六世』等多数に参加。

受賞歴編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ 稀代のファイティング・コレオグラファー國井正廣逝く。合掌。”. 流山児祥オフィシャルブログ『祥 MUST GO ON!』 (2019年6月25日). 2019年6月28日閲覧。
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.541