メインメニューを開く

殺陣師段平』(たてしだんぺい)は、長谷川幸延による日本戯曲、または同作を原作とした1950年(昭和25年)製作・公開、マキノ正博(のちのマキノ雅弘)監督による日本の長篇劇映画、および1962年(昭和37年)製作・公開、瑞穂春海監督による日本のリメイク映画、1962年(昭和37年)および1964年(昭和39年)製作・放送の日本のテレビドラマである。映画に関しては、1955年(昭和30年)にも、マキノ雅弘が『人生とんぼ返り』のタイトルでセルフリメイクしており、本項で詳述する。

戯曲の初演は1949年(昭和24年)、東京・有楽座での新国劇による公演であった。

略歴・概要編集

 
1949年の有楽座、南座公演に出演した富士野蔦枝

初期の新国劇の頭取であり殺陣師であった実在の人物、市川段平の人生をモチーフに長谷川幸延が戯曲を書き下ろし、1949年(昭和24年)3月、新国劇自身が初演を行った。翌1950年(昭和25年)、本戯曲を原作に、黒澤明が映画脚本に脚色、マキノ正博が監督し、初の映画化となった。

1954年(昭和29年)10月、新国劇が東京・明治座で再演を行った際には、当初四幕の戯曲に行友李風作の『月形半平太』の劇中劇が加わり、五幕劇に書き換えられた。この初演の演出は長谷川幸延が行った。翌1955年(昭和30年)、マキノ正博改めマキノ雅弘が脚色・監督し、『人生とんぼ返り』のタイトルでセルフリメイクした。

1962年(昭和37年)には、瑞穂春海が3回目の映画化を果たした。

1969年(昭和44年)3月には、マキノ雅弘が、藤岡琢也の段平、瑳峨三智子のお春、津川雅彦の沢田正二郎という陣容、セルフリメイク映画と同じ『人生とんぼ返り』のタイトルで演出、名古屋中日劇場で初演している。藤岡琢也版はその後も同タイトルで、1975年(昭和50年)に大阪中座で再演され、2004年 (平成16年) には『劇団青年座創立五十周年記念作品』として津嘉山正種の段平、岩倉高子のお春、佐藤祐四の澤田正二郎で上演され、2006年 (平成18年) には再演、全国巡演された。

新国劇初演版編集

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

劇団青年座(2004年)版編集

スタッフ編集

キャスト編集

  • 山野史人 - 兵庫市(道具方)、金澤(歩方)※二役
  • 今井和子 - 丸髷の女、階下の女房お杉 ※二役 
  • 泉晶子 - 葉山あけみ(女優)

映画 1950年版編集

殺陣師段平
監督 マキノ正博
脚本 黒澤明
原作 長谷川幸延
製作 東横映画
製作総指揮 マキノ満男
企画 坪井与
柳川武夫
出演者 月形龍之介
音楽 大久保徳二郎
撮影 三木滋人
編集 マキノ正博
配給   東京映画配給
公開   1950年8月26日
上映時間 104分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

殺陣師段平』(たてしだんぺい)は、1950年(昭和25年)製作・公開、長谷川幸延の同名の戯曲を原作としたマキノ正博(のちのマキノ雅弘)監督による日本の長篇劇映画である。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

映画 1955年版編集

人生とんぼ返り
Such is Life
監督 マキノ雅弘
脚本 マキノ雅弘
原作 長谷川幸延
製作 日活
製作総指揮 高木雅行
出演者 森繁久彌
音楽 大久保徳二郎
撮影 高村倉太郎
照明 藤林甲
吉田協三
編集 マキノ雅弘
配給   日活
公開   1955年11月1日
上映時間 117分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

人生とんぼ返り』(じんせいとんぼがえり)は、1955年(昭和30年)製作・公開、長谷川幸延の戯曲『殺陣師段平』を原作としたマキノ雅弘監督による日本の長篇劇映画である。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

映画 1962年版編集

殺陣師段平
監督 瑞穂春海
脚本 黒澤明
原作 長谷川幸延
製作 大映京都撮影所
製作総指揮 税田武生
出演者 市川雷蔵
中村鴈治郎
音楽 高橋半
撮影 今井ひろし
照明 古谷賢次
編集 山田弘
配給   大映
公開   1962年9月30日
上映時間 86分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

殺陣師段平』(たてしだんぺい)は、1962年(昭和37年)製作・公開、長谷川幸延の同名の戯曲を原作とした瑞穂春海監督による日本の長篇劇映画である。

スタッフ・作品データ編集

キャスト編集

テレビドラマ編集

1962年版編集

1962年(昭和37年)6月12日フジテレビの『シャープ火曜劇場』で単発放送。同年10月12日にも同枠で再放送された。

スタッフ・作品データ・キャスト編集

1964年版編集

殺陣師段平
ジャンル テレビドラマ
原作 長谷川幸延
脚本 長谷川幸延
演出 安井恭司
出演者 島田正吾
制作 NHK
放送
音声形式 モノラル音声
放送国・地域   日本
放送期間 1964年12月30日
放送時間 22:30-23:30
放送枠 水曜
放送分 60分
回数 1
テンプレートを表示

殺陣師段平』(たてしだんぺい)は、1964年(昭和39年)製作・放送、長谷川幸延の同名の戯曲を原作とした長谷川自身の脚本による日本の単発テレビドラマである。1949年(昭和24年)3月の新国劇の初演同様、段平を島田正吾、その妻・お春を外崎恵美子が演じた。テレビドラマデータベースでの「崎恵美子」[1]は誤り。

スタッフ・作品データ・キャスト編集

脚注編集

  1. ^ 全文検索 検索結果、テレビドラマデータベース、2009年11月22日閲覧。

外部リンク編集