メインメニューを開く

國島 文彦(くにしま ふみひこ、1920年大正9年)1月15日 - 2006年平成18年)7月26日[1])は、日本の警察官僚警視総監

経歴編集

東京府、現在の豊島区出身[1]1944年東京帝国大学法学部政治学科を卒業。1945年内務省に入省し警保局に配属[1][2]

1946年終戦連絡事務局に転じた。以後、岡山県警察部経済防犯課長、国家地方警察岡山県本部警務部警務課長、警視庁本富士警察署長、警視庁刑事部鑑識課長、同警備第二部公安第一課長、同警務部人事課長、佐賀県警察本部長、九州管区警察局公安部長、池田勇人内閣総理大臣秘書官警察庁警備局資料課長、警視庁交通部長、警察庁警務局人事課長京都府警察本部長、警視庁警務部長、警察庁長官官房長、同庁警務局長などを歴任[2]1978年2月、警視総監に就任し1980年2月まで在任した[3]

退官後、運輸省運輸審議会会長、全日本交通安全協会副会長、三菱銀行顧問、全日本指定自動車教習所協会連合会会長などを務めた[2]

脚注編集

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 2006~2008』230頁。
  2. ^ a b c 『日本警察官僚総合名鑑』80頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』489頁。

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 小山善一郎・石丸陽編『日本警察官僚総合名鑑』新時代社、2005年。
  • 『現代物故者事典 2006~2008』日外アソシエーツ、2009年。