土岐 頼雄(とき よりかつ)は、南北朝時代武将。後に揖斐頼雄を称した。

 
土岐頼雄
時代 南北朝時代
生誕 不明
死没 天授6年/康暦2年(1380年
改名 土岐頼雄、揖斐頼雄
戒名 大興寺殿前羽州太守定厳祐禅大居士
墓所 岐阜県揖斐川町大興寺
官位 出羽守蔵人
幕府 室町幕府
主君 足利義満
氏族 土岐氏→揖斐氏
父母 土岐頼清
兄弟 頼康明智頼兼頼雄康貞直氏頼忠
康行島田満貞稲木光名揖斐詮頼
今川貞世
テンプレートを表示

生涯編集

土岐頼清(頼宗)の子で頼康明智頼兼の弟、康貞直氏頼忠の兄。

兄・頼康が美濃国西部厚見郡革手城を築き拠点にすると同じ西部の揖斐郡に拠り、弟で西部の池田郡に居住していた頼忠と共に西美濃における土岐氏の基盤を固めた。天授6年/康暦2年(1380年)に死去。子・康行は兄の養子となり後に本家の家督を継承した。

墓所は岐阜県揖斐川町大興寺。法名は大興寺殿前羽州太守定厳祐禅大居士。

系譜編集

系図編集

土岐氏
土岐頼清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
頼康明智頼兼揖斐頼雄¹康貞直氏頼忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  康行島田満貞稲木光名詮頼²頼益
 
 
 
 
 
 
 
木和田安逵友雄³持益
 
 
 
 
 
 
 
菅沼定直基春成頼
 
 
 
 
 
基信5政房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光親6 

参考文献編集

関連項目編集