メインメニューを開く

地下鉄御堂筋事件

1988年に日本の大阪府大阪市で発生した強姦事件

地下鉄御堂筋事件(ちかてつみどうすじじけん)とは、1988年11月4日に発生した強姦事件。地下鉄御堂筋線事件とも言う[1]

地下鉄御堂筋事件
日付 1988年11月4日 (21時-24時)
攻撃手段 脅迫・強姦
他の被害者 女性1名
犯人 男2人
動機 痴漢行為を注意されたことによる逆恨み
対処 犯人2名に各懲役3年6カ月の判決
影響 「女性専用車両」が都市部に本格導入
テンプレートを表示

概要編集

1988年11月4日21時頃[1]大阪市内を走行中の大阪市営地下鉄(現・大阪市高速電気軌道(Osaka Metro))御堂筋線の電車内で[2]、2人組の男C・Dが女性Bに痴漢行為をしていた。犯行を目撃した女性A(当時20歳)がBのジッパーを上げてBを逃がした。Aも過去にC・Dから痴漢被害に遭っていたことから、「前にも会ったでしょう」と咎めると、C・Dは「この前(Aが痴漢被害に遭っていた時に)一緒にいた女に会わせろ」と女性Aの首などをつかんで、大阪市・堺市内を連れ回した。23時50分ごろ、男C・Dは女性Aをマンション建築現場に無理やり連れ込んでバンドで殴る・ノコギリで脅すなどして強姦した[3]。CとDは痴漢行為を通して知り合った仲間だった[1]

捜査編集

Aは警察の事情聴取に対し「周りの人は怖がってジロジロ見るだけで、声を出してもし誰も来てくれなかったら、今度は何をされるかわからないと思った」と助けを求められなかった胸の内を話した[4]

裁判編集

犯人のうち1人は犯行動機を「付き合っていた女に逃げられ、ムシャクシャしていたから」と証言した。弁護人は「女性にも落ち度があった。逃げようと思えば、逃げられた」「周囲の人間が見て見ぬふりをしなければ、犯罪に至らなかった」などの弁護を行った。検察はC・Dについて懲役4年を求刑したが、裁判所は「前途ある青年である」こと、「同情すべき成育歴がある」ことで情状酌量の余地があるとし、懲役3年6月の判決を下した[1]

社会への影響編集

この事件を機に「性暴力を許さない女の会」が発足し、同会は事件翌月に大阪市交通局(現在は消滅)と関西私鉄各社に

  • 性暴力をなくすよう、車内広告やアナウンスなどで積極的なPR活動をする。
  • 性暴力を誘発するようなポスターなどを掲示しない。
  • 駅員(できれば女性)を増員し、女性の性暴力被害を防ぐと共に、被害があった場合は迅速な対応を行う。

の3点を要望する要望書を提出し、これに対し大阪市交通局、各私鉄、大阪府警察鉄道警察隊は「小暴力対策委員会」を発足させ、

  • 巡視や見回りの強化。
  • 女性に気をつけるよう自衛手段をとるよう協力を求める。

という対策を行った[1][4]

1989年3月には、大阪府警と関西鉄道協会が

あなたの勇気 ありがとう


もし、めいわく行為の被害にあったら、
ためらわずに大きな声を出してください。

あなた自身と まわりにいる みなさんの
勇気ある協力を……

すり・ひったくりにもご用心!
大阪府警察 関西鉄道協会

という内容の痴漢対策ポスターを制作した[1]

4月14日には性暴力を許さない女の会が「Stop!ザ・レイプ」集会を開き、400人のホールが満員となった[1]

1994年には、大阪府警鉄警隊がポスター制作にあたって「意見を聞きたい」と性暴力を許さない女の会に連絡した。同会は「『迷惑行為』ではなく『痴漢』という言葉を使って欲しい」ということなどを伝え、同年5月頃から貼られるようになったポスターには「痴漢は犯罪です」という文字が書かれた[1]

性暴力を許さない女の会はその後も活動を続けた[4]

明治時代から東京の中央線に朝夕限定の「婦人子供専用車」があったが、この事件は都市部で2000年以降に女性専用車両導入の、機運を高める要因となった[4][3]

脚注編集