地方分権改革有識者会議

地方分権改革有識者会議(ちほうぶんけんかいかくゆうしきしゃかいぎ)とは、地方分権改革の推進を目的として、地方分権改革の推進に関する施策についての調査及び審議に資するため、2013年4月5日内閣府特命担当大臣(地方分権改革)決定[1]により開催される会議。

2014年6月24日には、地方分権改革の今後の指針として「個性を活かし自立した地方をつくる ~地方分権改革の総括と展望~」を取りまとめ、新藤義孝内閣府特命担当大臣(地方分権改革)に手交した [2][3]

議員編集

過去の議員編集

専門部会編集

地方分権改革有識者会議で調査・審議する事項のうち、特定の事項についての客観的な評価及び検討に資するため、2013年5月15日の第3回地方分権改革有識者会議で開催が決定された[4]

雇用対策部会構成員編集

過去の構成員編集

地域交通部会構成員編集

農地・農村部会構成員編集

過去の構成員編集

  • 柏木斉(部会長、有識者会議議員)

提案募集検討専門部会構成員編集

過去の構成員編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 地方分権改革有識者会議の開催について (PDF)”. 内閣府 (2013年4月5日). 2014年8月13日閲覧。
  2. ^ 地方分権改革有識者会議 会議決定等 - 内閣府”. 内閣府 (2014年6月24日). 2014年8月13日閲覧。
  3. ^ 分権改革会議 権限移譲などで「提案募集方式」を提唱”. MSN産経ニュース (2014年6月24日). 2014年8月13日閲覧。
  4. ^ 専門部会の開催について (PDF)”. 内閣府 (2013年5月15日). 2014年8月13日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集