メインメニューを開く

平井 伸治(ひらい しんじ、1961年(昭和36年)9月17日 - )は、日本自治総務官僚政治家鳥取県知事(3期)。

平井伸治
ひらい しんじ
Shinji Hirai.jpg
生年月日 (1961-09-17) 1961年9月17日(58歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都千代田区外神田
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員自治省総務省
鳥取県副知事
所属政党 無所属
公式サイト 公式サイト

鳥取県の旗 公選第17-20代 鳥取県知事
当選回数 4回
在任期間 2007年4月13日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

東京都千代田区外神田生まれ[1]。父は弁護士[2]開成中学校・高等学校を経て、1984年(昭和59年)、東京大学法学部を卒業し[3]自治省(現:総務省)に入省した[3]。本省勤務の他、兵庫県福井県への出向も経験する。1995年(平成7年)9月よりアメリカ合衆国へ派遣され、1996年(平成8年)1月からカリフォルニア大学バークレー校政府制度研究所客員研究員。1999年(平成11年)、鳥取県庁へ出向し鳥取県総務部長に就任[3]し、2001年(平成13年)には全国最年少(当時)で鳥取県副知事に就任する[3]2007年(平成19年)2月、総務省を退官する。

2007年(平成19年)4月8日無所属自由民主党公明党推薦)で鳥取県知事選挙に出馬し、初当選した。当選後、前知事の片山善博の下で制定された鳥取県人権侵害救済推進及び手続に関する条例を見直す考えを示した。2008年(平成20年)、当時の宮城県仙台市長であった梅原克彦の発案による「拉致問題と戦う知事の有志の会」の結成にあたり、発起人の一人に名を連ねた。2011年(平成23年)4月、鳥取県知事に再選する。2015年(平成27年)4月、鳥取県知事3選。

2018年(平成30年)10月26日内閣総理大臣安倍晋三中華人民共和国の訪問に合わせて、北京市人民大会堂で行われた第1回日中第三国市場協力フォーラムに出席。鳥取県の名産品などの紹介を全て中国語で行い、会場の出席者から多くの拍手を得た[4]2019年(平成31年)4月、鳥取県知事4選。

家族は妻、2男[5]

年譜編集

鳥取県庁公式サイトより参照[5]

脚注編集

外部リンク編集

公職
先代:
片山善博
  鳥取県知事
民選第17-19代:2007年(平成19年) -
次代:
(現職)