メインメニューを開く

坂口 岳洋 (さかぐち たけひろ、1971年2月18日 - )は、日本政治家民進党所属の元衆議院議員(1期)。

坂口 岳洋
さかぐち たけひろ
生年月日 (1971-02-18) 1971年2月18日(48歳)
出生地 山梨県
出身校 東京大学大学院理学系研究科修士課程修了
前職 衆議院議員
所属政党民主党小沢グループ)→)
無所属→)
(民主党→)
民進党
称号 修士
公式サイト 坂口たけひろのウェブかわら版

選挙区 山梨2区
当選回数 1回
在任期間 2009年8月 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

略歴編集

山梨県出身。桐蔭学園高等学校東京理科大学を経て、1996年3月、東京大学大学院理学系研究科修士課程修了[要出典]

1996年ジャフコ(旧名:日本合同ファイナンス株式会社)に就職。2002年4月からはイノベーション・エンジン株式会社のベンチャー・パートナーや、ラティス・テクノロジー株式会社の経営顧問、筑波リエゾン研究所株式会社の顧問などをつとめる[要出典]

2005年9月11日第44回衆議院議員総選挙に、民主党公認で山梨2区から出馬するも落選。

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙に、再び山梨2区から出馬。堀内と長崎を破り初当選した。

いわゆる小沢グループの一員であるが、2012年閣議決定された消費増税関連法案については反対する小沢一郎とは異なり、党において手続きを経て決定したことなので賛成するとの立場であった[1]

2012年12月16日第46回衆議院議員総選挙に、民主党公認で山梨2区から出馬するも落選。

2013年4月13日、民主党山梨県連は、同年夏に行われる第23回参議院議員通常選挙山梨県選挙区の候補者として坂口を擁立することを決定した[2]。しかし、同年6月26日に民主党を離党[3]

同年7月21日の第23回参議院議員通常選挙には、無所属で山梨県選挙区から出馬するも次点にて落選。

同年12月14日、民主党に復党した[4]2016年、民主党と維新の党が合併し結成された民進党の山梨県連相談役に就任。

議員連盟編集

  • 民主党新たな戦略的国土地域政策を推進する議員連盟 事務局長

著作編集

  • 2016年4月出版「10年後も中国人に爆売りする方法」~警告!爆買いバブルは2017年までに崩壊する~ 

備考編集

脚注編集

外部リンク編集