メインメニューを開く

2011年民主党代表選挙(2011ねんみんしゅとうだいひょうせんきょ)は、2011年8月26日に辞任を表明した菅直人代表の後任を選出するため、2011年8月29日に実施された民主党代表選挙である。野田佳彦が選出された。

目次

概説編集

2010年(平成22年)9月に民主党代表に選出された菅直人の後任を選出する選挙である。任期は、菅代表の残り任期の2012年9月末まで。

党代表選挙は8月27日に告示・立候補受付が行われ、8月29日11時から両院議員総会が開催・投開票が行われた。時間的制約の事由から投票権は党の国会議員のみに認められ、前々回の選挙と同様、一般党員やサポーターの参加はなかった。民主党の国会議員は投票当日時点で407人(党籍を離脱している衆議院議長及び参議院議長を含む)であり、小沢一郎ら党員資格停止中の9人[1]は投票権がなく、398票の投票権のある国会議員のうち、当日棄権した横路孝弘衆議院議長西岡武夫参議院議長松本龍防災担当大臣を除く395票で争われた[2]

事前説明会には9人の議員が出席[3][4]したが、最終的に、前原誠司外務大臣馬淵澄夫国土交通大臣海江田万里経済産業大臣野田佳彦財務大臣鹿野道彦農林水産大臣の5人が立候補した。5人の立候補は、民主党結党以来の代表選挙としては最多である[5]。1回目の投票で有効投票数の過半数を獲得した人がいなかったため、上位2人(海江田万里・野田佳彦)による決選投票が行われ、野田佳彦が当選した。

選挙に至る経緯編集

2010年9月に代表に再選された菅直人であったが、ねじれ国会の運営に苦しめられ、11月には仙谷由人官房長官馬淵澄夫国土交通大臣の問責決議が相次いで可決された。また政治とカネの問題も振り払えず、党内から倒閣運動(菅おろし)が起こった。

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震への対応のため、一時的に倒閣運動は下火となるが、対応の遅れやまずさに、小沢一郎元党代表を中心としたグループはやがて再び退陣を公然と要求した。6月には野党自由民主党公明党により内閣不信任決議案が提出され、これに小沢グループなど与党からも賛成を表明する議員が続出した。造反による可決も囁かれたが、採決直前に菅が震災対応に一定の目処がついた時点で若い世代にバトンを渡すと表明し、これが事実上の退陣表明と受け止められ、造反は沈静化、不信任決議案は否決された。

しかしその後も、菅は総理を退こうとせず、反主流派だけでなく執行部内からも退陣を求める声が出始める。8月下旬に退陣のための3条件としていた第二次補正予算公債特例法、再生可能エネルギー特別措置法が成立し、8月26日に正式に退任を表明した[6]。これに伴い代表選挙が行われることとなった。

党代表選データ編集

日程編集

  • 8月25日 - 党代表選挙事前説明会[7]
  • 8月26日 - 両院議員総会が開かれ、菅直人代表が正式に辞意を表明し、了承。8月27日告示・立候補受付とし、29日11時から両院議員総会を開催し新代表を選出することが了承される。第2回代表選挙事前説明会が開催され、受け付け順の抽選が行われ、小沢鋭仁、前原誠司、馬淵澄夫、海江田万里、野田佳彦、鹿野道彦の順となる[8]
  • 8月27日 - 9時に告示され、10時30分の締め切りまでに前原誠司、馬淵澄夫、海江田万里、野田佳彦、鹿野道彦が立候補の届出を行った。14時から、日本記者クラブ主催の共同記者会見[9]が行われた。
  • 8月28日 - 党主催候補者討論会
  • 8月29日 - 両院議員総会(投開票)

立候補者編集

  前原誠司 衆議院議員、前外務大臣、元党代表
  馬淵澄夫 衆議院議員、前国土交通大臣
  海江田万里 衆議院議員、経済産業大臣
  野田佳彦 衆議院議員、財務大臣
  鹿野道彦 衆議院議員、農林水産大臣

党中央代表選挙管理委員会編集

選挙人編集

選挙人
種別 人数
衆議院議員 292人
参議院議員 106人
合計 398人

推薦人一覧編集

推薦人一覧
候補者 前原誠司 馬淵澄夫 海江田万里 野田佳彦 鹿野道彦
推薦人 阿知波吉信 滝実 赤松広隆 荒井聰 池田元久
泉健太 高山智司 東祥三 打越明司 石田勝之
井戸正枝 長安豊 糸川正晃 江端貴子 大島敦
小川淳也 石井登志郎 岡本英子 大串博志 大島九州男
小川勝也 磯谷香代子 奥野総一郎 岸本周平 大野元裕
小原舞 大西健介 小沢鋭仁 近藤洋介 大畠章宏
城井崇 櫛渕万里 川内博史 柴橋正直 川村秀三郎
菊田真紀子 阪口直人 小宮山泰子 武正公一 楠田大蔵
黒岩宇洋 杉本和巳 辻恵 手塚仁雄 小林興起
小宮山洋子 高井崇志 中川治 中川正春 小山展弘
斉藤進 高野守 中塚一宏 橋本博明 佐々木隆博
下条みつ 高邑勉 初鹿明博 花咲宏基 篠原孝
高井美穂 玉置公良 原口一博 藤村修 末松義規
高橋昭一 福島伸享 福田昭夫 牧野聖修 田名部匡代
徳永久志 宮崎岳志 松野頼久 松本大輔 筒井信隆
中谷智司 吉川政重 山花郁夫 三谷光男 中山義活
仁木博文 ツルネン・マルテイ 小川敏夫 森岡洋一郎 白眞勲
林久美子 藤末健三 尾立源幸 森本哲生 橋本清仁
古川元久 前川清成 櫻井充 森山浩行 樋口俊一
細野豪志 横峯良郎 佐藤公治 谷田川元 舟山康江
松浦大悟 武内則男 山口壮 前田武志
山井和則 谷亮子 山田良司 増子輝彦
柚木道義 谷岡郁子 長浜博行 松崎公昭
渡辺周 藤田幸久 広田一 吉田公一
安井美沙子 蓮舫 和嶋未希

立候補には推薦人20人が必要である。名簿は民主党によるウェブサイトにて公開されている候補者紹介のPDFファイルを参照されたい[1]

選挙の結果編集

1回目編集

投票結果
前原誠司 馬淵澄夫 海江田万里 野田佳彦 鹿野道彦
74 24 143 102 52
  • 有効投票数 395票

決選投票編集

投票結果
海江田万里 野田佳彦
177 215
  • 有効投票数 392票 無効3票

選挙戦における争点編集

争点となった項目は以下の通り[10]

その他編集

代表選挙の模様はUstreamで放送されたが、接続したユニークユーザーは57万人を数え過去最大となり[11]、選挙への関心の高さが示された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 党員資格停止中の議員は、渡辺浩一郎小沢一郎田中眞紀子内山晃太田和美岡島一正川島智太郎笠原多見子三輪信昭
  2. ^ “衝撃の逆転劇、民主党新代表は野田氏 -”. (2011年8月29日). http://news.livedoor.com/article/detail/5818114/ 2011年8月29日閲覧。 
  3. ^ 前原誠司馬淵澄夫海江田万里野田佳彦鹿野道彦樽床伸二小沢鋭仁平野博文平岡秀夫
  4. ^ “9陣営、党代表選の事前説明会に…過去最多”. 読売新聞. (2011年8月25日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110825-OYT1T00506.htm?from=main1 2011年8月29日閲覧。 
  5. ^ “5人立候補は過去最多、決選投票の可能性も”. 読売新聞. (2011年8月27日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110827-OYT1T00278.htm 2011年8月27日閲覧。 
  6. ^ “首相、退陣を正式表明「約束したように降りる」”. 読売新聞. (2011年8月26日). http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20110826-OYT1T00579.htm 2011年8月27日閲覧。 
  7. ^ “【代表選挙】党代表選挙事前説明会開く”. 民主党. (2011年8月25日). http://www.dpj.or.jp/article/100240/ 2011年8月27日閲覧。 
  8. ^ “【代表選挙】第2回代表選挙事前説明会を開催”. 民主党. (2011年8月26日). http://www.dpj.or.jp/article/100253/ 2011年8月29日閲覧。 
  9. ^ “【代表選挙】共同記者会見で前原・馬淵・海江田・野田・鹿野5候補が決意表明”. 民主党. (2011年8月27日). http://www.dpj.or.jp/article/100258/ 2011年8月27日閲覧。 
  10. ^ “復興・原発・マニフェスト見直し争点 民主党代表選” (日本語). 朝日新聞. (2011年8月27日). http://www.asahi.com/politics/update/0827/TKY201108270138.html 2011年8月29日閲覧。 
  11. ^ “民主党代表選のUstream配信、ユニーク視聴者数58万人、宇多田を抜き新記録” (日本語). Impress Watch. (2011年8月30日). http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110830_473928.html 2012年1月12日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集