メインメニューを開く

沿革編集

  • 1996年5月7日 - 「坂戸市内循環バス」として運行開始。
  • 2013年11月1日 - 「さかっちバス」「さかっちワゴン」として路線再編。
    • 乗合タクシー型の「さかっちワゴン」を導入。「さかっちバス」3路線、「さかっちワゴン」4路線に再編される。
    • 坂戸市内循環バスの西コース・東コースは廃止され、他の2路線は「さかっちバス にしさかど線・つるまい線」の愛称が付される。
    • 運賃は100円から200円に改定。
    • 車両はバリアフリーに配慮して、「さかっちバス」は日野・リエッセのステップリフトバス、「さかっちワゴン」は車椅子リフト付きのワンボックスカーが導入された。
    • さかっちバスのカラーリングは、坂戸市内循環バス時代とほぼ同じ。坂戸市のゆるキャラ「さかっち」(後述)が描かれている。

名称「さかっち」について編集

コミュニティバスの名称にもなっている「さかっち」とは、「坂戸よさこい」のマスコットキャラクターであり、後に坂戸市の公認ゆるキャラとなったキャラクターである[2]。坂戸市役所に「さかっち」の等身大人形が飾られている。

「さかっち」は坂戸よさこいのキャラクターであることから、両手によさこい踊りの鳴子を持っているが、さかっちバス・さかっちワゴンに描かれている「さかっち」は鳴子を持たず、両方の人差し指を出して鳴子の代わりにしている。

運賃編集

  • 一般(中学生以上)200円、こども(小学生)100円
  • さかっちバスはPASMOSuicaも使用可能(バス共通カードの利用は不可)
  • 各路線の乗り継ぎは無料。その場合は「乗継券」が必要になるため、乗務員に乗継券発行を申し出る。
  • 回数券は、さかっちバス・さかっちワゴン共通で11枚綴り2,000円。さかっちバス車内および東武バスウエスト坂戸営業所で販売。
  • 坂戸市内在住の高齢者(70歳以上)は、希望により特別乗車証が交付され、無料となる。[3]
  • 身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳所持者も、希望により特別乗車証が交付され、提示により無料となる。
    • 2018年5月時点では市外在住者でも手帳の提示で半額であったが[4]、2019年9月時点では特別乗車証の提示以外では割引はない。[5]
  • 坂戸市内循環バス時代の運賃は、100円均一であった。

路線編集

現行路線編集

この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

いずれも年末年始(12月29日から1月3日)を除く毎日運行。さかっちのイメージから、路線名はひらがな表記になっている。また、さかっちワゴンにはラインカラーが存在する。

さかっちバスは東武バスウエスト坂戸営業所、さかっちワゴンは路線ごとに地元のタクシー事業者3社が分担して運行受託している。

さかっちバス編集

  • さかっちバスおおや線
    • 坂戸市役所 - 鶴舞 - 城山荘 - 川角駅入口
    • 往復7便の運行。日曜・祝日は3便に減便される。
    • さかっちバス移行時に新設された路線。
  • さかっちバスにしさかど線
    • 五丁目調整池 - 川角駅入口
    • 朝のラッシュ時に川角駅方面に3便、夕方ラッシュ時に五丁目調整池方面に3便。日曜・祝日は運休。
  • さかっちバスつるまい線
    • 鶴舞東 - 坂戸駅南口。朝のラッシュ時に3便。
    • 坂戸駅南口 - 鶴舞南。夕方ラッシュ時に3便。
    • ともに日曜・祝日は運休。

さかっちワゴン編集

  • さかっちワゴンすぐろ線   
    • ことぶき荘 - 島田 - 健康センター - 坂戸市役所
    • 往復5便の運行。三芳野タクシーが運行受託。
  • さかっちワゴンしがいち線   
    • 坂戸駅南口 - 坂戸市役所 - 健康センター - 北坂戸駅東口
    • 往復10便の運行。川乗三和坂戸営業所が運行受託。
  • さかっちワゴンにっさい線   
    • 坂戸市役所 - 花みず木四丁目 - 川角駅入口 - 城山荘
    • 往復4便の運行。川乗三和坂戸営業所が運行受託。
  • さかっちワゴンみよしの線   
    • 東坂戸団地 - ことぶき荘 - 若葉駅 - 坂戸市役所
    • 往復4便の運行。千代田交通が運行受託。

過去の路線(坂戸市内循環バス時代)編集

さかっちバス移行時に廃止された路線編集

  • 西コース
    • 坂戸市役所 - 坂戸駅北口 - 泉町 - 鶴舞東 - 鶴舞南 - 一本松駅入口 - 西大家駅 - 多和目 - (城山荘) - 城山荘入口 - 城西大学明海大学病院前 - 川角駅入口 - 矢ノ上 - 健康増進施設 - 泉町 - 北坂戸駅西口 - 坂戸市文化会館 - 坂戸駅北口 - 坂戸市役所
      • 往復3便の運行。
    • 坂戸市役所 - 西大家駅 - 城山荘 - 西坂戸一丁目
      • 西コース区間便。往路1便、復路2便の運行。復路1便は城山荘を経由しない。
    • 城山公民館入口 - 西坂戸一丁目 - 川角駅入口 - 北坂戸駅西口 - 坂戸市役所
      • 西コース区間便。復路1便の運行。
    • 五丁目調整池 - 西坂戸一丁目 - 川角駅入口 - 北坂戸駅西口
      • 西コース区間便。往路1便の運行。
  • 東コース
    • 坂戸市役所 - 坂戸駅北口 - 坂戸市文化会館東 - 運動公園・勝呂公民館前 - 島田赤尾境 - ことぶき荘 - 青木 - 東坂戸団地 - 中小坂 - 三芳野公民館 - 富士見工業団地 - 若葉駅 - 坂戸市役所
      • 往復3便の運行。
    • 坂戸市役所 - 運動公園・勝呂公民館前 - ことぶき荘
      • 東コース区間便。往復1便の運行。
    • ことぶき荘 - 東坂戸団地 - 坂戸市役所
      • 東コース区間便。復路1便の運行。

さかっちバスに移行した路線編集

  • 五丁目調整池 - 川角駅入口コース(現:さかっちバスにしさかど線)
    • 五丁目調整池 - 城山荘入口 - 城西大学・明海大学病院前 - 川角駅入口
  • 鶴舞東・鶴舞南 - 坂戸駅南口コース(現:さかっちバスつるまい線)
    • 鶴舞東 - 鶴舞南 - 花影町 - 坂戸駅南口

脚注編集

  1. ^ バスラマ・インターナショナル 101 2007年5月号 バス事業者訪問 No.78 東武バスグループ』ぽると出版、2007年、46頁。ISBN 978-4-89980-101-6
  2. ^ 坂戸よさこいイメージキャラクター「さかっち」 坂戸市公式サイト
  3. ^ さかっちワゴン・バスの無料化について - 坂戸市ホームページ”. 2019年9月1日閲覧。
  4. ^ 「市民バス(さかっちバス・さかっちワゴン)の運行 - 坂戸市」2018年5月13日時点のインターネットアーカイブ
  5. ^ 市民バス(さかっちバス・さかっちワゴン)について - 坂戸市ホームページ”. 2019年9月1日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集