メインメニューを開く

坂本 茂(さかもと しげる、1921年4月19日 - 1989年2月8日)は、東京都出身のプロ野球選手内野手)。1950年の登録名は「坂本 埴留」。

坂本 茂
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1921年4月19日
没年月日 (1989-02-08) 1989年2月8日(67歳没)
身長
体重
167 cm
58 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1941年
初出場 1941年
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

来歴・人物編集

旧制日本大学第三中学校在学中に、甲子園に4回出場(春2回〔1938年[1]1939年[2]〕、夏2回〔1938年[1]1940年[3]〕)。そのうち1940年夏の大会でベスト8に入る活躍を見せた。当時の監督に藤田省三(のち近鉄初代監督)、チームメイトに、鬼頭政一(のち名古屋西鉄などでプレー。元太平洋監督)、今泉勝義(のち巨人でプレー[4])、本田耕一法政大学に進学したが、応召。石丸進一のキャッチボール相手として有名で、自身も特攻死した)がいた。

1941年東京巨人軍へ入団。沢村栄治がつけていた巨人の背番号14は沢村の功績を称えて1947年7月に巨人の永久欠番となったが、沢村戦死(1944年12月2日)から永久欠番指定(1947年7月9日)までの間の1946年に坂本が巨人の背番号14をつけており、坂本が巨人の背番号14をつけた最後の人物である。

1947年国民野球連盟大塚アスレチックスへ参加。

1950年近鉄パールスでプロ野球復帰。11月20日の対西鉄クリッパース戦(大阪球場)の同点で迎えた12回に川崎徳次から、日本プロ野球史上5人目、パ・リーグ史上初の満塁サヨナラ本塁打を放っている[5]

1952年引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1941 巨人 18 15 13 2 3 0 0 0 3 0 0 -- 0 -- 2 -- 0 2 -- .231 .333 .231 .564
1942 101 379 328 45 69 7 4 0 84 21 15 4 9 -- 40 -- 2 33 -- .210 .300 .256 .556
1943 77 298 264 30 54 1 0 0 55 10 30 5 2 -- 31 -- 1 22 -- .205 .291 .208 .499
1946 25 86 68 11 14 4 0 0 18 6 4 5 1 -- 15 -- 2 7 -- .206 .365 .265 .629
1950 近鉄 20 23 22 6 7 0 0 1 10 5 5 0 0 -- 1 -- 0 0 0 .318 .348 .455 .802
1951 98 414 361 60 94 12 0 1 109 19 38 21 5 -- 45 -- 3 32 2 .260 .347 .302 .649
1952 64 139 123 20 31 3 0 0 34 3 4 7 3 -- 12 -- 1 12 0 .252 .324 .276 .600
通算:7年 403 1354 1179 174 272 27 4 2 313 64 96 42 20 -- 146 -- 9 108 2 .231 .320 .265 .586
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 6 (1941年 - 1943年、1947年)
  • 14 (1946年)
  • 3 (1950年 - 1952年)

登録名編集

  • 坂本 茂 (さかもと しげる、1941年 - 1949年、1951年 - 1952年)
  • 坂本 埴留 (さかもと しげる、1950年)

脚注編集

  1. ^ a b こだわり高校野球・東京都代表校の足跡(1938年)
  2. ^ こだわり高校野球・東京都代表校の足跡(1939年)
  3. ^ こだわり高校野球・東京都代表校の足跡(1940年)
  4. ^ ちなみに坂本の前に背番号14を付けていた選手でもある。
  5. ^ 講談社刊 宇佐美徹也著「日本プロ野球記録大鑑」468ページ

関連項目編集

外部リンク編集