メインメニューを開く

本田 耕一(ほんだ こういち 1923年 - 1945年5月14日[2])は、日本の元アマチュア野球選手、大日本帝国海軍軍人。兵庫県出身。

本田 耕一
生誕 1923年
日本の旗 日本 兵庫県
死没 1945年5月14日(満22歳没)
日本の旗 日本 種子島東方[1]
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1944年 - 1945年
最終階級 海軍少尉
テンプレートを表示

来歴・人物編集

旧制日本大学第三中学校(現・日本大学第三中学校・高等学校)在学中に、甲子園に3回出場(春2回〔1938年[3]1939年[4]〕,夏1回〔1938年[3][5]〕)。当時のチームメイトに、鬼頭政一(のち名古屋西鉄などでプレー。元太平洋監督),坂本茂(のち巨人などでプレー)がいた。卒業後は法政大学に進学。大学時代は一塁手として活躍した[2]

大学に在学していたが、1944年春の学徒出陣によって召集される。本田は海軍飛行科を希望し、第14期飛行専修予備学生として筑波海軍航空隊に配属され、1945年神風特別攻撃隊に志願して特攻隊員となる。特攻訓練を受けたのち、鹿児島県鹿屋基地に転進する。海軍の同期には、石丸進一プロ野球選手。名古屋軍〈現・中日ドラゴンズ〉所属の投手。)がいた。尚、石丸とは親友でもあった。

同年5月11日菊水六号作戦発動に伴い、まず石丸が神風特別攻撃隊「第五筑波隊」隊員として爆装零戦に搭乗。搭乗直前に本田は石丸と最後のキャッチボールを10球行い、キャッチボールが終わると石丸は「これで思い残すことはない。報道班員、さようなら!!」と笑顔で叫んでグラブを放り投げ、飛行場へ去って行ったという。このエピソードは、石丸の従弟である牛島秀彦が『消えた春 特攻に散った投手 石丸進一』という本を著した事により有名になった。また、本の刊行から2年後の1996年には、これを元にした映画『人間の翼 最後のキャッチボール』が作られた。 

石丸の戦死から3日後の5月14日、本田も同作戦の一環として神風特別攻撃隊「第六筑波隊」隊員[1]として爆装零戦に搭乗。鹿屋基地から出撃し、種子島東方にて米軍機により撃墜され戦死[1]。享年22。遺書には「男一度は咲く桜 勇みて征かむ南の海に 必ずや沈めん敵を常夏に 御国栄える時ぞ来しき 我は今尊き大き使命もち 桜花と共に散りて撃ちなん 友は哭き吾に続くと語る心は」とあった[6]

東京ドーム内にある野球殿堂博物館に設置された、戦没野球人モニュメントに彼の名が刻まれている。

参考文献編集

第二十六章 最後のキャッチボール 石丸進一と筑波特攻隊 p221~p244

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集