メインメニューを開く

第15回選抜中等学校野球大会は、1938年昭和13年)3月27日から4月3日まで甲子園球場で行われた選抜中等学校野球大会である。

日本の旗 第15回選抜中等学校野球大会
試合日程 1938年3月27日 - 4月3日
出場校 20校
優勝校 中京商愛知、初優勝、夏春連覇
試合数 21(再試合2)試合
入場行進曲愛国行進曲
選手宣誓 平古場正晴(大阪浪華商
始球式 高石真五郎大阪毎日新聞社会長)
大会本塁打 0本塁打
 < 19371939 > 
選抜高等学校野球大会
テンプレートを表示

前年に連覇が4で途切れた東海勢だが、この大会でもベスト4のうち3校を占めるなど相変わらず選抜大会での強さを見せつけた。決勝は史上初の同県勢(愛知)対決となった。

出場校編集

試合結果編集

1回戦編集

  • 東邦商 0 - 0 京阪商(5回日没引き分け)
  • 東邦商 11 - 5 京阪商
  • 平安中 1 - 0 広島商
  • 浪華商 4 - 3 横浜商
  • 滝川中 8 - 7 日大三中

2回戦編集

  • 中京商 5 - 0 防府商
  • 海草中 4 - 0 撫養中
  • 海南中 6 - 3 日新商
  • 明石中 8 - 3 北海中
  • 東邦商 13 - 5 平安中
  • 浪華商 8 - 8 滝川中(延長11回日没引き分け)
  • 浪華商 9 - 8 滝川中
  • 岐阜商 6 - 1 福岡工
  • 甲陽中 3 - 0 島田商

準々決勝編集

  • 中京商 4 - 0 海草中(中京商・野口二郎が無安打無得点試合
  • 海南中 4 - 0 明石中
  • 東邦商 5 - 3 浪華商
  • 岐阜商 3 - 0 甲陽中

準決勝編集

  • 中京商 2 - 0 海南中
  • 東邦商 6 - 2 岐阜商

決勝編集

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
東邦商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 3
中京商 0 0 0 0 0 0 1 0 X 1 1 1
  1. (東) : 久野 - 日比野
  2. (中) : 野口二 -

2回目の栄冠を目指し4試合35得点の猛打で勝ち上がってきた東邦商に、選抜決勝進出3度目の正直と夏春連覇を狙う中京商がぶつかった同県対決は、野口二、久野両投手の投手戦となった。再三の拙攻で好機をつぶした中京商だが、7回裏東邦商の内野の3連続失策で三塁に走者を進め、9番宗宮が決勝のスクイズを決めた。東邦商・久野はわずか1安打に抑えたが報われなかった。中京商は広島商(1930年夏1931年春)に続く2校目の夏春連覇校となった。

野口二は今大会ノーヒットノーラン1試合を含む4試合連続の完封勝ち、36イニング連続無失点という大記録を達成した。4試合連続完封勝ちは現在も選抜大会記録である。

大会本塁打編集

なし

主な出場選手編集

関連項目編集

外部リンク編集