坂爪 厚生(さかづめ あつお、1941年昭和16年) - )は、日本版画家群馬県沼田市生まれ。

略歴編集

群馬県立沼田高等学校を経て、1965年京都大学工学部合成化学科を卒業[1]。大学在学中より西洋画に興味を持ち始め、はじめは油画や半立体の作品を制作していた[2]1968年頃からメゾチント技法による銅版画を始める。1970年からは日本版画協会展への出品を始め、以降連年同会展に出品し、1974年に同会会員となり現在に至る。1985年には大英博物館で開催された現代日本版画展に出品した[3]

受賞歴編集

  • 1973年 日本版画協会展・会友賞
  • 1974年 第5回版画グランプリ展・グランプリ、ニューハンプシャー国際グラフィックス展・受賞
  • 1976年1982年 京展賞
  • 1978年 須田賞
  • 1980年 京都洋画版画選抜展・買上賞
  • 1983年 第2回バルナ国際版画ビエンナーレ展・買上賞

個展編集

  • 『黒の変容』シリーズ(2014年~ )

収蔵編集

京都市美術館京都国立近代美術館京都文化博物館大阪府立現代美術センター東京都現代美術館福岡市美術館栃木県立美術館愛知県美術館大分県立美術館いわき市立美術館青梅市立美術館大英博物館スミソニアン博物館 他

脚注編集

  1. ^ 坂爪厚生 茜画廊
  2. ^ 坂爪厚生 大分県立美術館 収蔵品検索システム
  3. ^ 坂爪厚生(さかづめあつお)SAKAZUME Atsuo 版画家図鑑