メインメニューを開く

坂田 貞二(さかた ていじ、1938年7月20日 - )は、ヒンドゥー語・文学者、拓殖大学名誉教授。

東京生まれ。1963年東京外国語大学インド・パーキスターン語学科卒業、1963-1965年バナーラス・ヒンドゥー大学留学。1974年拓殖大学専任講師、1976年助教授、1983年教授。2001年デリー大学客員教授。2009年拓殖大を定年退職、名誉教授。ヒンディー語地域で方言調査、民話採録、宗教行事の観察などに従事[1]。2017年4月、瑞宝中綬章を受章。[2]

著書編集

  • 『入門ヒンディー語』鳳書房 1986

共編著編集

翻訳編集

  • 『北インドの昔語り』編訳 平河出版社 1981
  • 『インドの笑話』田中於菟弥共訳 春秋社 1983
  • 『インドの昔話』前田式子共訳 春秋社 1983
  • 『インドのむかし話 天にのぼるベールの木/ほか』編著 偕成社 大人と子どものための世界のむかし話 1989
  • 『厳寒の夜 プレームチャンド短篇集』編 日本アジア文学協会 1990
  • H.ドゥヴィヴェーディー『インド・大地の讃歌 中世民衆文化とヒンディー文学』橋本泰元共訳 春秋社 1992
  • 『インド・ネパール・スリランカの民話』編訳 みくに出版 1998

論文編集

脚注編集