メインメニューを開く

来歴・人物編集

愛知県名古屋市に生まれる。実兄は原始仏教及び上座仏教研究者の前田惠學、祖母は日本画家前田錦楓

1955年東京大学文学部印度哲梵文学科卒、同大学院修士課程、博士課程修了後、フルブライト奨学生として米国ペンシルベニア大学大学院(博士課程)に留学。修了後同大学助教授などを経て、1982年に東京大学印度哲学科教授。1991年定年退官、名誉教授。武蔵野大学教授・副学長を歴任。1973年文学博士(東京大学)。

インド哲学仏教学・比較思想学・東洋思想学研究の第一人者だった中村元の直弟子で、後継者の一人。中村元の退官後に講座を継いだ。中村の没後に、インド学仏教学・比較思想および東洋思想の発展を目指し創設した「財団法人東方研究会東方学院」(現在:公益財団法人中村元東方研究所)理事長・学院長職を引き継いだ。

インド中国韓国アメリカヨーロッパなど世界の国々の学界に学際的研究成果を発表している。なお日本最古の学校である足利学校の庠主(しょうしゅ、学長)に就くなど、人文教育の顕彰も行っている。

学歴・職歴編集

受賞編集

名誉博士学位編集

  • 2003年12月 名誉博士(Mahamaopadhyaya, Sri Sri Sitaramdas Omkarnath Samskrita Siksha Samsad)
  • 2009年5月 名誉文学博士(Doctor of Literature Degree:Sri Lanka National University of Buddhasravaka Bhikshu, Anuradhapura-Sri Lanaka)

主な著書編集

博士論文編集

  • 『Shankara's Upadeshasahasri, Critically ed. with Introduction and Indices(Hokuseido Press), A Thousand Teachings(University of Tokyo Press and State University of New York Press)1973など。

主な編著編集

主な翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 日印協会役員等一覧”. 公益財団法人日印協会. 2014年4月4日閲覧。

参考資料編集

関連項目編集

外部リンク編集