堀内昶

堀内 昶(ほりうち ひさし、1943年1月1日 - )は、日本の男性物理学者である。2006年平成18年)まで京都大学大学院理学研究科教授を務めた。現・京都大学名誉教授

堀内 昶
ほりうち ひさし
生誕 (1943-01-01) 1943年1月1日(75歳)
神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京大学
京都大学
出身校 東京大学
主な受賞歴 日本物理学会論文賞
仁科記念賞
紫綬褒章
プロジェクト:人物伝

目次

人物編集

神奈川県横浜市生まれ。東京大学理学部物理学科卒業。同大学院修了。

専門は、原子核の理論的研究、特に軽い原子核におけるクラスター構造と重イオン反応の研究。東京大学では有馬朗人に師事。反対称化分子動力学法を用いたAMD模型を開発し、重イオン反応における多重破砕過程の理解に貢献。また、このAMD法を用い軽い原子核におけるクラスター形成のメカニズムの解明に貢献した。原子核の構造と反応を記述するAMD法の開発によって、1996年平成8年)の日本物理学会論文賞、2000年平成12年)の仁科記念賞2007年平成19年)の紫綬褒章の受章に至った。

京都大学理学部物理学第二教室では、量子力学を研究する湯川秀樹の研究室の流れを汲み、湯川が素粒子論研究室を新たに作り、原子核理論研究室を主宰することになった小林稔玉垣良三の後を継ぎ、多くの研究者を育てた。門下生には、藤原義和(京都大学講師)、和田隆宏(甲南大学助教授)、矢花一浩(筑波大学教授)、大西明北海道大学助教授)、丸山敏毅(日本原子力研究開発機構主任研究員)、小野章(東北大学助手)、延与佳子(京都大学基礎物理学研究所助教授)、土手昭伸(高エネルギー加速器研究機構助手)らがいる。

略歴編集

  • 1965年昭和40年) - 東京大学理学部物理学科を卒業。
  • 1970年(昭和45年)
    • 同大学院博士課程を修了。理学博士号を取得。
    • 日本学術振興会奨励研究員。
    • 京都大学基礎物理学研究所助手に就任。
  • 1973年(昭和48年) - 京都大学理学部助手に就任。
  • 1977年(昭和52年) - 同助教授に就任。
  • 1996年平成8年) - 京都大学大学院理学研究科教授に就任。
  • 2000年(平成12年) - 仁科記念賞を受賞。
  • 2007年(平成19年) - 紫綬褒章を受章。
  • 2016年(平成28年) - 春の叙勲で瑞宝中綬章を受章。

著書編集

単著編集

  • 『核子が作る有限量子多体系』(岩波書店