メインメニューを開く

堀 直吉(ほり なおよし)は、越後安田藩(村松藩)の第2代藩主。直寄系支流堀家2代。

 
堀直吉
時代 江戸時代前期
生誕 寛永14年4月16日1637年6月8日
死没 延宝4年10月29日1676年12月4日
改名 左門(幼名)、直吉
戒名 出障院殿観雪芳空大居士
墓所 東京都渋谷区の長泉寺
官位 従五位下、丹波
越後国安田(村松)藩
氏族 堀氏
父母 父:堀直時
正室:堀直次の娘
直利、直明(三男)、片岡利雄(四男)
テンプレートを表示

1637年4月16日、初代藩主・堀直時の次男として生まれる。1643年、父の死去により家督を継ぎ、1643年4月から1644年5月1日まで村上城在番を務めた。1644年5月、領地替えで村松へ移り、村松藩主となる。

1676年10月29日に死去。享年40。跡を次男の直利が継いだ。