堀 直良(ほり なおよし)は、江戸時代前期から中期の大名で、上総苅谷藩第2代藩主、上総八幡藩初代藩主。椎谷堀家3代。

 
堀直良
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛永20年9月29日1643年11月10日
死没 元禄4年2月15日1691年3月14日
別名 三郎四郎、三右衛門(通称
官位 従五位下、飛騨
幕府 江戸幕府
上総苅谷藩主→上総八幡藩
氏族 堀氏
父母 父:堀直景、母:西尾光教の娘
兄弟 直良直行直定
正室:植村家貞の娘
直宥本多直上
テンプレートを表示

生涯編集

上総苅谷藩主堀直景の長男。寛文8年(1668年)、父の隠居により家督を相続する。同年、陣屋を上総国市原郡八幡に移した(上総八幡藩の成立)。大坂城加番を計4回務め、元禄4年(1691年)、49歳で死去した。家督は長男の直宥が相続した。