堀 直喜(ほり なおよし、享保15年1月6日1730年2月22日) - 寛延4年6月22日1751年7月14日))は、江戸時代中期の大名で、越後椎谷藩第5代藩主。椎谷堀家8代。第3代藩主・堀直恒の長男。母は稲垣重武の娘。正室はなし。通称は鎚五郎。官位は従五位下、飛騨守。

享保15年(1730年)に生まれたが、その年に父・直恒が死去している。延享4年(1747年)、第4代藩主で従兄の直旧の養子となり、寛延元年(1748年)に直旧の死により家督を相続した。翌寛延2年(1749年)、大坂城加番を命じられた。寛延4年(1751年)死去。同族の信濃国須坂藩堀家から養子に直著を迎えて跡を継がせた。