メインメニューを開く

堀 親貞(ほり ちかさだ、寛永17年9月23日1640年11月6日) - 貞享2年11月18日1685年12月13日))は、信濃飯田藩の第2代藩主。信濃飯田藩堀家3代。

初代藩主・堀親昌の長男。母は三条西実条の娘・浄心院。正室は松平乗寿の娘・貞安院。継室は松平正信の娘・高陽院。子に娘(森長直室)。官位は従五位下、周防守。

生涯編集

寛永17年(1640年)9月23日、江戸で生まれる。幼名は吉丸。又七郎。延宝元年(1673年)、父の死去により跡を継ぐ。上野沼田藩主の真田信利改易のとき、城受け取り役を務めた。家庭的に大変不幸で、妻には死別され、その間に生まれた7人の子女全てに先立たれた。このため、親常を養嗣子に迎えた。貞享2年(1685年)11月18日、越後高田城の在番中ににかかって死去した。享年46。跡を親常が継いだ。墓所は東京都渋谷区広尾の祥雲寺。