メインメニューを開く

塩田三郎

塩田三郎(1864年撮影)

塩田 三郎(しおだ さぶろう、天保14年11月6日1843年12月26日) - 明治22年(1889年5月12日[1])は、日本の武士外交官。本名は篤信。号は松雲。 

目次

来歴編集

塩田順庵の三男として江戸に生まれ、宮川氏に養子に出される。箱館奉行栗本鋤雲に漢学、メルメ・カションに英仏両語を習う。幕府の通弁御用となり文久3年(1863年)には遣仏横浜鎖港談判使節団に随行と共に、兄が病没したため塩田氏に戻る。2年後、再び英仏に渡る。元治2年(1865年)に幕府が横浜仏語伝習所を設立すると、実質的な校長であったカションからの依頼で助手を務めた。慶応3年(1867年)に外国奉行支配組頭に進む。維新後、民部省に出仕した後外務省に出仕し、明治6年(1873年)に外務大丞。その後、外務少輔になり、井上馨外務卿の条約改正交渉を補佐する。同18年(1885年)に清国への特命全権公使として従三位勲二等、旭日重光章を賜り清国に駐在するが、同22年(1889年)、北京にて死去。享年47。

官歴編集

栄典・授章・授賞編集

勲章等
外国勲章佩用允許

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo 『官報』第1760号「彙報 - 故塩田特命全権公使履歴」1889年5月15日。
  2. ^ 『官報』第907号「叙任及辞令」1886年7月10日。
  3. ^ 『官報』第994号「叙任及辞令」1886年10月21日。
  4. ^ 『官報』第1758号「授爵叙任及辞令」1889年5月13日。
  5. ^ 『官報』第196号「賞勲叙任」1884年2月27日。
  6. ^ 『官報』第554号「賞勲叙任」1885年5月9日。
  7. ^ 『官報』第557号「賞勲叙任」1885年5月13日。
  8. ^ 『官報』第781号「官庁事項」1886年2月12日。

関連項目編集