メインメニューを開く

塩谷 育代[1](しおたに いくよ、1962年5月28日 - )は、愛知県名古屋市出身の日本の女子プロゴルファー、ゴルフ解説者。所属は伊藤園

No image.svg 塩谷 育代 Golf pictogram.svg
Ikuyo Shiotani
基本情報
名前 塩谷 育代
生年月日 (1962-05-28) 1962年5月28日(57歳)
身長 162 cm (5 ft 4 in)
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市
経歴
プロ転向 1983年=LPGA43期
優勝数
日本LPGA 20(内、公式戦3)
成績
初優勝 ヤクルトミルミルレディーストーナメント(1989年)
賞金王 日本女子:1992年、1995年
テンプレートを表示

来歴編集

中学生時代は陸上競技部で走り幅跳びをしていた[2]樋口久子が陸上競技出身でプロゴルファーになったことを知り、名古屋市立桜台高等学校卒業後に練習場に入り、18歳でゴルフを始める[2]

1982年に日本女子プロゴルフ協会(LPGA)にプロテストに合格、翌1983年LPGA入会の43期生となる[1]

LPGAツアー参戦3年目の1985年に年間獲得賞金ランキング(賞金ランク)46位で自身初のシード入り[3]。また同年頃より東海大学の田中誠一教授の指導のもと、女子プロゴルファーの中ではいち早く科学的トレーニングを取り入れた[2]

1989年から伊藤園所属[2]、同年「ヤクルトミルミルレディーストーナメント」でLPGAツアー初優勝[4]

1990年「東都自動車レディースプロゴルフトーナメント」、「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の2勝[3]

1991年「富士通レディース」、「ミズノオープンレディスゴルフトーナメント」の2勝[3]

1992年は「再春館レディース」の1勝のみであったが、賞金ランク1位となり、自身初の賞金女王となる[3]

1993年は優勝がなく賞金ランク21位[3]、この年の12月に結婚した[2]

1994年に「再春館レディース」、「健勝苑レディス・道後」、「カトキチクイーンズカップトーナメント」と3勝をあげ賞金ランク2位と復調[3]

1995年には「三越カップレディスオープン」、「那須小川レディスプロゴルフトーナメント」、「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」優勝の後、「日本女子オープンゴルフ選手権競技」に優勝しLPGAツアー公式戦初勝利[3]。さらに最終戦となる公式戦「JLPGA明治乳業カップ年度最優秀女子プロ決定戦」で公式戦2勝目をあげ、自身最多の年間5勝、自身2度目の賞金女王となる[3]

1996年は「日本女子プロゴルフ選手権大会」で公式戦3勝目をあげた後、「TaKaRa WORLD INVITATIONAL」も優勝し2勝[3]

1997年「We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」優勝[3]

2001年「ヴァーナルレディース」で那須美根子とのプレーオフを制して、自身4年ぶりの優勝を果たす[5]

2002年「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」優勝[3]

2003年「フジサンケイレディスクラシック」で初日から首位を譲らない完全優勝を果たす、これによりLPGAツアー史上9人目(当時)の通算20勝を達成した[6]

2010年からLPGAツアー参戦の傍ら断続的にレジェンズツアーにも参戦[7]

2011年を最後にLPGAツアーからは撤退[3]、2012年レジェンズツアー「ふくやカップマダムオープン」で同ツアー初優勝[8]

LPGAツアーの賞金シードは1985年から1997年の13年連続と1999年から2003年の5年連続で入っており(1998年は産休の為[2]、出場5試合[9])、賞金女王2回[3]

※大会名は優勝当時

脚注編集

  1. ^ a b 塩谷 育代 プロフィール詳細”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 塩谷 育代プロ”. 伊藤園ゴルフサイト. 2019年10月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 塩谷 育代 プロフィール詳細の生涯成績・記録を参照
  4. ^ 【1989】ヤクルトミルミルレディーストーナメント”. 日本女子プロゴルフ協会 (1989年5月14日). 2019年10月22日閲覧。
  5. ^ 【2001】ヴァーナルレディース”. 日本女子プロゴルフ協会 (2001年5月13日). 2019年10月22日閲覧。
  6. ^ フジサンケイレディスクラシック歴代優勝者(2000年代)”. フジサンケイグループ. 2019年10月22日閲覧。
  7. ^ 塩谷 育代 年度別大会成績2010”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月22日閲覧。
  8. ^ 【2012】ふくやカップマダムオープン”. 日本女子プロゴルフ協会 (2012年6月7日). 2019年10月22日閲覧。
  9. ^ 塩谷 育代 年度別大会成績1998”. 日本女子プロゴルフ協会. 2019年10月22日閲覧。

外部リンク編集