凶弾』(きょうだん)は、1982年に公開された日本映画

凶弾
監督 村川透
脚本 石森史郎
北村彰
押川国秋
原作 福田洋
『狙撃』
出演者 石原良純
古尾谷雅人
山田辰夫
高樹澪
音楽 羽田健太郎
主題歌 山本達彦「LAST GOOD-BYE」
撮影 坂本典隆
編集 池田禅
製作会社 松竹
富士映画
配給 日本の旗 富士映画
公開 日本の旗 1982年9月15日
上映時間 112分
製作国 日本の旗 日本
配給収入 1.2億円[1]
テンプレートを表示

石原裕次郎の甥である石原良純のデビュー作として宣伝され、同年度の日本アカデミー賞で新人俳優賞を受賞した。奥山和由の初プロデュース作品でもある。

瀬戸内シージャック事件を題材にしているが、八ヶ岳山麓や伊豆半島湘南海岸を舞台に、「若者たちの青春群像劇」という切り口でドラマが作られている。奥山によれば、桑田佳祐が主演する企画もあったという[2]。また、当時は無名俳優だった渡辺謙もこの映画のオーディションを受けていた。

客の不入りにより興行収入が振るわず、公開からわずか二週間で上映が打ち切られたことが当時マスコミで話題となった。

キャスト編集

<英夫の関係者>

<長野県警>

<警察上層部>

<狙撃班>

<熱海・イル.ド.バカンス号>

<その他>

スタッフ編集

備考編集

  • プロデューサーの奥山和由によれば、当初は主役の荒木英夫には時任三郎かかくし玉として桑田佳祐のラインで構想していたが当時の上司から「第二の石原裕次郎がいる」と紹介されたのが石原良純だった。良純を見た奥山は「良純クンでは犯罪者になれない。いいとこのボンボンなんだから。第一、眼に狂気が宿ってない!無理だ無理だ」と猛反対したが、当時の上司が「広島のシージャックの話なんてのは湘南に代えてしまえばイイんだ。第二の石原裕次郎といえば、湘南!熱海でシージャックして湘南の江ノ島で銃撃される物語がイイ」と脚本を直したが全然当たらず、初日に観客が来たのは石原慎太郎の後援会だけだった。[3]
  • CLUB紳助』に奥山和由がゲスト出演した際、本作の話となり、島田紳助も当時、吉本興業が経営する梅田花月の地下の映画館でよく映画を観ていたのだが、『凶弾』の時だけはさすがに観なかったという。劇場のドアを開けたら観客がいなかったと述べている。

参考文献編集

  1. ^ 「邦画フリーブッキング配収ベスト作品」『キネマ旬報1983年昭和58年)2月下旬号、キネマ旬報社、1983年、 117頁。
  2. ^ http://blog.livedoor.jp/movie_tagline/archives/51877548.html
  3. ^ 『黙示録 映画プロデューサー・奥山和由の天国と地獄』

外部リンク編集