メインメニューを開く

増田 甲斎(ますだ こうさい、文政3年(1820年) - 明治18年(1885年5月31日)は、幕末から明治時代の人物。元の名は橘 耕斎(たちばな こうさい)、ロシア名ウラジーミル・ヨーシフォヴィチ・ヤマートフロシア語: Влади́мир Ио́сифович Яма́тов)。

掛川藩士の立花四郎右衛門の次男として生まれたが脱藩し、他藩からの誘いも断り、一時博徒の頭目となって何度か投獄される。出家して池上本門寺に入り、ここでやがて幹部に推挙されるが固辞して雲水となり、伊豆に向かった。そこで戸田に逗留していたロシア人のヨシフ・ゴシケーヴィチ(後の箱館ロシア領事)と交際し、日本語の辞書を貸したところ、これが露見して捕縛された。しかし脱出してロシア人宿舎に逃げ込み、そのまま停泊していたロシア船に乗船し、1855年6月にロシアへ向かったが[1]、途中でゴシケーヴィチらと共にイギリス船に捕らえられた(当時クリミア戦争中でイギリスとロシアは太平洋でも戦闘をしていた)。その時にゴシケーヴィチの助手として「和魯通言比考」(18世紀に薩摩地方からの漂流民が作った薩摩弁とロシア語の辞書を除けば史上初めて作られた日露事典、1万6千語が収録されている)を執筆した。その後、正教洗礼を受け、ロシア外務省の役人になった。1870年にはペテルブルク大学の日本語の講師となった。耕斎(甲斎)はペテルブルクにあって日本政府の使節を1862年、1866年、1873年の3度にわたり迎えている。1873年岩倉使節団として訪れた岩倉具視に説得されて日本に帰国し、明治政府により芝の増上寺の隅に住居を与えられた[2]。帰国後は仏門に入り、増田甲斎と改名した。以後、世に出ることなく、ロシア政府の年金で暮らし、1885年(明治18年)に生涯を閉じた。

墓所は高輪源昌寺に存在する。

出典編集

  1. ^ 下田開国博物館編集『肥田実著作集 幕末開港の町 下田』p198-199
  2. ^ 港区ゆかりの人物データベース 増田甲斎

増田甲斎を主題とした作品編集

小説
  • 久生十蘭「影の人」(「久生十蘭ジュラネスク」ほか 所収)
  • 山田風太郎「ヤマトフの逃亡」(「幕末妖人伝」 所収)
漫画
  • みなもと太郎風雲児たち幕末篇」に登場。クリミア戦争時にロンドンのロシア人捕虜収容所で露日事典を作成し、ロシア士官として万延元年遣米使節とアメリカで会う。また、文久遣欧使節の接待に舞台裏で活躍した逸話が記される。