メインメニューを開く

壱岐・対馬フェリー株式会社(いき・つしまフェリー)は、福岡県福岡市中央区に本社を置く海運会社福岡市長崎県壱岐対馬を結ぶ航路を運営している。また、旅客・貨物だけではなく同区間の生活物資、各社朝刊、医薬品、危険物輸送事業も行っている。

壱岐・対馬フェリー株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
810-0071
福岡県福岡市中央区那の津3丁目46番7号
設立 1948年5月17日(創業は1907年7月)
業種 海運業
法人番号 9290001006645
事業内容 旅客不定期航路事業
沿海貨物内航運送事業
一般貨物自動車運送事業
第一種貨物利用運送事業
資本金 21,200,000円
外部リンク http://iki-tsushima.com/
テンプレートを表示
フェリーつばさ

目次

概要編集

1907年(明治40年)、創業者の真崎鉄一が、台湾煉瓦の製造販売を行う会社として創業し、自社で運搬するため、1921年(大正10年)に帆船及び機帆船を購入し海上輸送を開始した。 1940年(昭和15年)には真崎組造船所を設立、1948年(昭和23年)に大川海運として改めて設立され、大川海運物産を経て2006年(平成18年)に現社名に改称された。

航路編集

1日2-3往復の運航。

乗船場編集

  • 那の津発着所(福岡) - 福岡県福岡市中央区那の津3丁目46-7
  • 芦辺発着所(壱岐) - 長崎県壱岐市芦辺町箱崎中山触2575-19
  • 厳原発着所(対馬) - 長崎県対馬市厳原町東里301-38

船舶編集

就航中の船舶編集

「フェリー」を名乗り個室・寝台・シャワーなどの客用設備も備えるが、海上運送法における貨物船として運航されている。
旅客定員が12名に制限されているため、車両と乗船する旅客が優先され、徒歩乗船の旅客は受け付けない場合もある。
1995年(平成7年)就航、1,585総トン、全長98.52m、幅14.50m、出力2,940kW×2、航海速力20.5ノット、旅客定員12名
設備:ドライバーベッド・個室・自動販売機・男女別洗面所・サウナ・シャワー・喫煙ルーム・サロン大型TV・対馬海峡に合わせアメリカ製のフィンスタビライザーを装備した。
  • フェリーみかさ
元伊江村営フェリー・初代「ぐすく」。下記「みかさ」がSTU48の劇場船となるため、2018年に壱岐対馬シーラインが調達し当社が用船している。
1992年竣工、藤原造船所建造、616総トン、全長66.0m、幅12.80m、出力2,000kw×2、航海速力15.5ノット、旅客定員12名
  • あすなろ
トクヤマの子会社であるトクヤマロジスティクスが所有するセメントタンカー
2000年(平成12年)建造、366.0総トン、全長49.9m、幅9.8m、出力1,200PS、653.0DWT

過去の船舶編集

  • みかさ
2015年(平成27年)に壱岐対馬シーラインが調達した船舶で、もとは伊是名村営フェリー「ニューいぜな」である。伊是名村では1998年(平成10年)7月20日に就航し、2015年9月7日まで運航された[1]。2016年5月下旬から6月上旬の「フェリーつばさ」のドック期間中に壱岐・対馬フェリーが代船として運航し[2]、同年12月1日より壱岐・対馬フェリーで就航した[3]。アイドルグループ「STU48」の劇場船となることが決定し、以降運航ダイヤからは外されている。
「ニューいぜな」は旅客定員245名であったが、「フェリーつばさ」と同様、旅客定員は12名に制限され、ベッドルームが新設されている。
1998年(平成10年)7月竣工、山中造船建造、671総トン、全長77.80m、幅12.50m、出力2,800kW×2、航海速力19ノット、旅客定員12名

脚注編集

  1. ^ さよなら「ニューいぜな」17年の運航に幕 - 沖縄タイムス、2015年9月12日
  2. ^ フェリーつばさドックのお知らせ - 壱岐・対馬フェリー、2016年5月25日
  3. ^ 12月1日より みかさ就航 - 壱岐・対馬フェリー、2016年11月30日

外部リンク編集