外尾 悦郎(そとお えつろう、1953年[1] - )は、日本の彫刻家スペインバルセロナサグラダ・ファミリア主任彫刻家。

外尾 悦郎
Sagradafamilia-1.jpg
サグラダ・ファミリアにて
生誕1953年????
福岡県福岡市
受賞外務大臣表彰など
公式サイトサグラダ・ファミリア
2000年に完成させた「生誕の門」

福岡県福岡市出身。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業[2]

経歴編集

福岡県立福岡高等学校京都市立芸術大学美術学部彫刻科を卒業[1]。中学校・高校定時制の非常勤講師を経て[1]1978年スペインバルセロナに渡りアントニ・ガウディの建築、サグラダ・ファミリアの彫刻に携わる[1]。2013年からはサグラダ・ファミリア主任彫刻家に任命され、ガウディの残した設計図からサグラダ・ファミリアに組み込まれる彫刻などの装飾を総監督している。

サグラダ・ファミリアの彫刻に携わった当初からスペイン国内での強烈な人種差別的批判やバッシングがされたが[注釈 1]、残された平面的設計図から完璧に完成させるその圧倒的な技術力で差別的な攻撃は減っていき、主任彫刻家就任後も世界中から集められた技術者達をまとめ上げ、全体像から配置箇所を判断する能力には世界から集まった同業者達も感服しており、現在では多くのスペイン国民が彼の偉大さを認めている。[要出典]

2001年、ネスレ日本ネスカフェゴールドブレンドのCMで、その活動が日本中に知れ渡る[要出典]

2000年に完成させた「生誕の門」が、2005年にアントニ・ガウディの作品群としてユネスコ世界遺産に登録された[1]2012年、国際社会で顕著な活動を行い世界で日本の発信に貢献したとして、内閣府から「世界で活躍し『日本』を発信する日本人[3]の一人に選ばれた。

サン・ジョルディ・カタルーニャ芸術院会員[1]京都嵯峨芸術大学客員教授[1]

家族編集

妻はピアニストの比石妃佐子。2012年1月17日放送の徹子の部屋に夫婦で出演[4]

受賞編集

  • 2002年 - リャドロ・アート・オブ・スピリット賞、福岡県文化賞(交流部門)
  • 2009年 - 2008年度外務大臣表彰受賞(日本とスペインとの文化交流の促進の功績)[1]
  • 2011年 - カトリック文化国際賞(2011年)
  • 2012年 - ミケランジェロ・ディ・カララ賞[1]
  • 2014年 - AEFEによるヨーロピアン・ゴールデン・クロス賞、ガウディ・グレソル賞[5]
  • 2020年 - 文化庁長官表彰[6]

など、国内外で受賞多数。

おもな作品編集

  • ナシミエント」(静岡県賀茂郡松崎町
  • 「老人と子供」(静岡県賀茂郡松崎町)
  • 「松の実」(福岡県福岡市中央区 地行中央公園) - 1993年、福岡ドーム完成記念として制作。本来は噴水としてデザインされたが、2005年3月20日福岡県西方沖地震で内部の配管が壊れ、修理が困難なため、以後水は流されずオブジェとなっている[要出典]
  • 「子どもたちの合唱団」(福岡県福岡市内)- サグラダ・ファミリアの生誕の門上部に約10年間試作展示されていた計9体から構成される石膏彫刻群。本制作品完成後に取り外され、通常は取り壊されるところ例外的に外尾の故郷の福岡市へ移送されたが、極めて壊れ易いこともあり、外尾が一時帰国した2016年に組み立てられた以外、約20年間に亘り非公開で保管されている[要出典]

おもな著書編集

主著編集

共著編集

出演編集

CM編集

ドキュメンタリー編集

  • ABC創立50周年スペシャル 「たけし&所のサイエンスアドベンチャー 遥かなる人類への旅」(2000年11月5日、朝日放送
  • ザ・プレミアム 「ガウディの遺言 〜サグラダ・ファミリア100年の夢〜」(2016年3月5日、NHK BSP[7]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ むしろスペインを代表する建築家による未完作品の西洋的装飾を、スペイン人ではなく、ましてや人種や文化も全く異なる日本人が監督するのであるから、批判が生まれるのは至極当然のことであった。

出典編集

外部リンク編集