外山 軍治(とやま ぐんじ、1910年3月24日[1] - 1999年9月7日)は、日本東洋史学者大阪外国語大学名誉教授

外山軍治
人物情報
生誕 (1910-03-24) 1910年3月24日
日本の旗 日本 徳島県板野郡土成町(現・阿波市
死没 1999年9月7日(1999-09-07)(89歳)
出身校 京都大学
学問
研究分野 東洋史
研究機関 京都大学
学位 文学博士
テンプレートを表示

経歴編集

徳島県板野郡土成町(現・阿波市)出身[1]1933年京都帝国大学文学部史学科卒。渤海国研究に参加、戦後、大阪外国語大学教授。1962年金朝史の研究」で、文学博士京都大学)の学位を取得。1974年定年退官、名誉教授。1982年、勲三等旭日中綬章を受章。1999年、肺炎のため死去[1]

愛泉女子短期大学教授、堺女子短期大学教授(1976年 - 1983年)。北方異民族を研究したほか、書史の研究もおこなった。

著書編集

共編著編集

翻訳編集

参考記事編集

脚注編集

  1. ^ a b c 『現代物故者事典 1997~1999』(日外アソシエーツ、2000年)p.408