メインメニューを開く

外山 軍治(とやま ぐんじ、1910年 - 1999年9月7日)は、日本東洋史学者、大阪外国語大学名誉教授。

人物情報
生誕 1910年????
日本の旗 日本大阪府大阪市
死没 1999年9月7日(1999-09-07)(89歳)
学問
研究分野 東洋史
研究機関 京都大学
テンプレートを表示

目次

経歴編集

大阪市生まれ。1933年京都帝国大学文学部史学科卒。渤海国研究に参加、戦後、大阪外国語大学教授。1962年、「金朝史の研究」で京都大学文学博士1974年、定年退官、名誉教授。愛泉女子短期大学教授、堺女子短期大学教授。北方異民族を研究したほか、書史の研究もおこなった。

著書編集

  • 岳飛秦檜 主戦論と講和論』 冨山房 1939
  • 太平天国上海』 高桐書院 1947
  • 顔真卿 剛直の生涯』 創元社 1964、新版1986
  • 『金朝史研究』 東洋史研究会 1964 。「東洋史研究叢刊」同朋舎 1979
  • 則天武后 女性と権力』 中公新書 1966
  • 『中国の書と人』 創元社 1971
  • 『金史』 明徳出版社「中国古典新書」 1975
  • 『中国の書と人 2』創元社 1986

共編著編集

  • 『京大東洋史2 貴族社会』 創元社 1952、新版1976
  • 『世界史辞典』 前川貞次郎会田雄次共著 泰西社 1958
  • 『東洋の歴史 第5巻 世界帝国』人物往来社 1967 責任編集
    • 『中国文明の歴史5 隋唐世界帝国』中公文庫 2000 
  • 『東洋の歴史 第13巻 人名事典』 日比野丈夫共編 人物往来社 1967
  • 『入門書道全集7 書の鑑賞』 春名好重共著 実業之日本社 1973
  • 『東洋史通論』創元社 1983

翻訳編集

参考記事編集

  • 中公新書の略歴ほか 

脚注編集