メインメニューを開く

大久保 教翅(おおくぼ のりのぶ)は、駿河松長藩の第5代藩主、のちに相模荻野山中藩の初代藩主。荻野山中藩大久保家5代。

 
大久保教翅
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和2年(1765年
死没 寛政8年7月9日1796年8月11日
改名 金蔵(幼名)、教翅
戒名 崇岳光円体全院
墓所 東京都世田谷区太子堂教学院
官位 従五位下、中務少輔、長門
幕府 江戸幕府
駿河国松長藩主→相模国荻野山中藩
氏族 大久保氏
父母 父:大久保教近、母:松浦到の娘
養父:大久保教倫
正室:前田利尚の娘(のち離婚)
教孝、娘(田中勝豊養女)、娘(中川忠昌室)

生涯編集

松長藩主編集

明和2年(1765年)、初代松長藩主・大久保教寛の四男・大久保教平の子で3000石を領した旗本大久保教近の長男として生まれる。安永2年(1773年)に本家筋にあたる第4代松長藩主・教倫が嗣子無くして死去したため、その養子として家督を継いだ。天明2年(1782年)12月、従五位下、中務少輔に叙任される。天明3年(1783年)10月6日、陣屋を松長から荻野山中に移す(荻野山中陣屋)。荻野山中藩の初代藩主となり、同時に参勤交代義務化の大名となった。

荻野山中藩主編集

荻野山中に移った後、苦しい藩財政を再建するため、倹約や知行借上げなどを積極的に行なうが、効果はなかった。ほかにも学問・武芸を奨励している。

寛政8年(1796年)7月9日に死去した。享年32。跡を長男・教孝が継いだ。