メインメニューを開く

大井田 氏経(おおいだ うじつね)は、南北朝時代武将

 
大井田氏経
Ujitsune Ohida.png
菊池容斎 筆『前賢故実』より
時代 南北朝時代
生誕 不明
死没 不明
官位 式部大夫弾正少弼
主君 新田義貞新田義宗
氏族 大井田氏
父母 父:大井田経隆
兄弟 経兼氏経経世
経景

経歴・人物編集

大井田氏越後国魚沼郡大井田郷を根拠とする新田支族[1]正慶2年/元弘3年(1333年新田義貞上野国新田庄にて挙兵すると父の経隆や同族の里見鳥山羽川田中氏らと共にこれに合流し鎌倉の戦いに参戦し、北条高時を破る[1][2]。以後、義貞のもとで諸国を転戦[1]足利尊氏の東上を阻止すべく備中国福山に拠ったが、足利直義軍と戦い敗れ、のち湊川の戦いにも敗れる[1][2]。義貞の北陸落ちにも従い、義貞の死後は新田義宗に従い北陸・武蔵を転戦した[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 安田元久編『鎌倉・室町人名事典』新人物往来社、p.92-93(1985)
  2. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus(講談社)『大井田氏経』 - コトバンク