大人計画

大人計画(おとなけいかく)は日本劇団及び芸能事務所松尾スズキが主宰する。

有限会社大人計画
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
156-0043
東京都世田谷区松原1-46-9-402
設立 1988年[1]
業種 サービス業
法人番号 3010902009093
事業内容 俳優・タレントのマネージメント、舞台公演企画・制作・興行ほか
代表者 長坂まき子代表取締役社長
資本金 300万円
主要子会社 有限会社モチロン(劇団の運営)
関係する人物 松尾スズキ宮藤官九郎
外部リンク 大人計画 OFFICIAL WEBSITE
テンプレートを表示

目次

概要編集

  • 1988年松尾スズキ作『絶妙な関係』公演で旗揚げ。ブラックジョーク下ネタ、一般的に言われる「差別用語」などを駆使して人間の残虐性を身も蓋もなくさらけ出し、心理の奥底にある本音と建前、それによって生まれる社会の歪みを、冷静な観点から問い掛ける風刺的な作品を上演している。その作品群は、世間的にタブーと見なされるもの(精神・知的・身体障害、差別、性癖、特異体質など)を題材にしながらも、コミカルな作風に仕上がっている。観客の好みの分かれるところではあるが、人間や社会への悪意に満ちていながらも単なるパロディに終わらせず、一貫して本質を冷静に描き出そうとする姿勢に溢れている。異色かつ意欲的な作品と個性的な俳優達の確かな演技で支持を集め1990年代小劇場演劇を代表する劇団となった。[要出典]
  • 本公演以外にも、宮藤官九郎作・演出の公演『ウーマンリブ』や、松尾スズキによるプロデュース公演『日本総合悲劇協会』などの企画公演も定期的に開催。
  • また、1995年阿部サダヲ・宮藤官九郎・村杉蝉之介の3名によるコントユニット『グループ魂』を結成。後に皆川猿時三宅弘城も加入し、ロックバンドとしてライブツアーも行っている。
  • 所属俳優達の変わった芸名は松尾スズキに名付けられたものが多い。1991年の新人公演『溶解ロケンロール』から役者の名前を全て芸名にしている。
  • 中小規模の劇団にしては珍しく、芸能プロダクションとして、劇団員や所属俳優のマネジメント業務も行っている。そのため「"劇団・大人計画"の団員ではないが、"芸能プロダクション・大人計画"には所属している」という俳優が数名存在する。例えば三宅弘城は劇団ナイロン100℃の団員であるが、ナイロン100℃では劇団員のマネージメント活動を行っていないため、個人的に(芸能プロダクション)大人計画とマネジメント契約を結んだ。結果、三宅はナイロン100℃の劇団員であると同時に、大人計画の所属俳優でもある、ということになる。
  • 松尾スズキが作詞・作曲した社歌があり、PVも制作されている。PVでは全員学生服である。曲の一部が「なんてったってアイドル」のパロディーになっている。また、社長の長坂がアメリカンドックを欲しがり、俳優を追いかけ回すシーンがある。歌詞には宍戸美和公ペ・ヨンジュンの名前が出てくる。

所属俳優編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 法人としては1995年7月。

外部リンク編集