メインメニューを開く

大友進

大友 進(おおとも すすむ、1974年6月18日 - )は、茨城県多賀郡十王町(現:日立市)出身の元プロ野球選手外野手、右投左打)、野球指導者、野球解説者・評論家。現在はテレビ埼玉の解説者と東京スポーツの評論家を務めるほか、少年野球の指導にあたっている。元妻は女優秋本祐希

大友 進
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県多賀郡十王町(現:日立市
生年月日 (1974-06-18) 1974年6月18日(44歳)
身長
体重
181 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1995年 ドラフト2位
初出場 1996年6月14日
最終出場 2005年5月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 一球幸魂倶楽部

目次

経歴編集

一卵性双生児の兄[1]日立工高では弟と共に1年秋からレギュラーとなる[1]。1年夏は中堅手投手を兼任し、2年秋には茨城県大会で準優勝して関東大会に進み、ベスト8で浦和学院に敗れた。3年夏の茨城大会でも準優勝に終わり、甲子園出場はならなかった。その後、東京ガスを経て1995年度ドラフト会議西武ライオンズから2位指名を受け、入団。

1996年、後半戦に監督の東尾修に抜擢され、一軍昇格を果たすと62試合出場で打率.301の成績を残し、レギュラーの座を掴む。1997年は主に2番打者として活躍、優勝に貢献。1998年は春季キャンプではスイッチヒッターに挑戦したが結果が出ず、すぐに左打ちに戻す。この年からは1番打者として活躍。初のゴールデングラブ賞も受賞した。1999年1月には女優の秋本祐希と結婚。オールスターゲーム第1戦でランニングホームランを達成[2]

しかし、2000年の公式戦で外野フライを追ってフェンスに激突してしまい、右肩を痛めシーズン終盤を棒に振る[2] 。その故障が尾を引き、翌年以降は精彩を欠き[2]、更なる故障が続いたこともあり成績は年々下降。2003年はわずか14試合の出場に終わる。2004年はプロ入り初の一軍試合出場なしとなり、この年のオフ、正津英志宮越徹との交換トレード玉野宏昌と共に中日ドラゴンズへ移籍。

単身赴任生活が始まったが、これがきっかけで以前からあった妻とのすれ違いに拍車がかかり、翌年には性格の不一致という理由で7月に離婚するに至った。一方、選手としても移籍で捲土重来を期して臨んだシーズンだったが、守備力の高さを評価されシーズン序盤は出場機会があったものの、わずか18試合の出場にとどまり、打率も.185とかつての力は取り戻せずに終わり、この年オフに戦力外通告を受け、現役を引退。

その後、苦い思い出ばかりだった野球から離れたい一心でゴルフの指導者を目指していた時期もあったが[3]2006年、西武時代の先輩の大塚光二が率いる埼玉県の社会人野球クラブチームの一球幸魂倶楽部の選手兼任コーチに就任したほか、古巣西武による球団主催の野球教室や日本プロ野球OBクラブ主催の野球教室などで講師を務めている。

また、2009年はNPB12球団ジュニアトーナメント西武ライオンズジュニアのコーチを務めた。

その他にも現在はコロナベースボールアカデミーの講師として、子供たちの野球指導にあたる[2]。また三井浩二が主催する入間野球道場でも講師を務めている[4]

選手としての特徴編集

広い守備範囲と肩の強さを持ち合わせ[1]、ゴールデングラブ賞を2年連続で受賞している[1]

高校時代は投手を務めており、サイドスローで抜群の制球力を誇った[1]

エピソード編集

  • 高い守備力は投手陣からの信頼が厚く、豊田清が登板前にセンターから順に外野陣に帽子に手をやって挨拶するのは大友の守備に敬意を払っていたからだと言われている。
  • 通算18本塁打と長打力があるタイプではなかったが,2002年3月17日千葉ロッテマリーンズとのオープン戦で3打席連続本塁打を放ったことがある。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1996 西武 62 255 226 33 68 12 3 3 95 19 15 4 12 1 16 0 0 31 3 .301 .346 .420 .766
1997 128 550 460 71 128 21 7 5 178 45 31 5 31 2 54 0 2 61 5 .278 .355 .387 .742
1998 129 480 394 39 106 10 5 2 132 31 13 8 30 4 51 0 1 50 3 .269 .351 .335 .686
1999 130 510 415 52 112 14 4 4 146 26 13 6 26 1 67 0 0 41 8 .270 .371 .352 .722
2000 82 289 238 47 58 10 0 2 74 19 4 2 9 0 40 0 2 48 0 .244 .357 .311 .668
2001 35 77 64 6 12 5 0 1 20 4 2 1 0 0 12 0 1 14 2 .188 .325 .313 .637
2002 64 169 153 15 36 8 1 1 49 10 2 2 7 0 9 0 0 31 0 .235 .278 .320 .598
2003 14 31 28 2 3 2 0 0 5 0 0 0 0 0 3 0 0 5 1 .107 .194 .179 .372
2005 中日 18 30 27 2 5 0 0 0 5 1 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .185 .267 .185 .452
通算:9年 662 2391 2005 267 528 82 20 18 704 155 80 28 115 8 255 0 6 287 22 .263 .347 .351 .698

年度別守備成績編集



外野












1996 西武 57 106 1 1 0 .991
1997 128 287 9 3 2 .990
1998 128 249 6 4 2 .985
1999 129 220 3 3 0 .987
2000 79 136 2 1 1 .933
2001 25 25 0 0 0 1.000
2002 61 67 0 0 0 1.000
2003 9 5 0 0 0 1.000
2005 中日 8 11 1 0 0 1.000
通算:9年 624 1106 22 12 5 .989

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 37 (1996年 - 2004年)
  • 38 (2005年)

関連情報編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『日本プロ野球偉人伝 vol.13 1997→99編』 ベースボール・マガジン社、2014年、92頁。ISBN 978-4-583-62103-6
  2. ^ a b c d 野球少年に夢託す!悔いのないプレーを”. zakzak (2012年2月22日). 2012年2月23日閲覧。
  3. ^ 週刊ベースボール 2009年9月14日号『セカンドキャリアの「球人力」』より
  4. ^ 週刊ベースボール2011年10月31日号 セカンドキャリアの「球人力」P92

関連項目編集

外部リンク編集