テレビ埼玉

埼玉県のテレビ局

株式会社テレビ埼玉(テレビさいたま、: Television Saitama Co., Ltd.)は、埼玉県放送対象地域としたテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。

株式会社テレビ埼玉[1]
Television Saitama Co., Ltd.[1]
Tvs logo.svg
Television Saitama headquarters building 20211211-3.jpg
テレビ埼玉局舎正面
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 TVS、テレ玉
本社所在地 日本の旗 日本
330-8538
埼玉県さいたま市浦和区常盤
六丁目36番4号
設立 1978年4月28日[1]
業種 情報・通信業
法人番号 5030001005569
事業内容 放送法による基幹放送事業
放送番組の企画・制作・
インターネット配信及び販売
[1]
代表者 代表取締役会長 平本一郎
代表取締役社長 川原泰博[1]
資本金 15億円
売上高 40億4600万円
(2022年03月31日時点)[2]
営業利益 3億4200万円
(2022年03月31日時点)[2]
経常利益 3億6400万円
(2022年03月31日時点)[2]
純利益 2億4700万円
(2022年03月31日時点)[2]
総資産 44億2500万円
(2022年03月31日時点)[2]
従業員数 65名(2021年10月現在)
主要子会社 株式会社テレビ埼玉クリエイティブ
株式会社アートロック
株式会社ティーエーピー
株式会社エーオン
外部リンク https://www.teletama.jp/
テンプレートを表示
テレビ埼玉
英名 Television Saitama Co., Ltd.
放送対象地域 埼玉県
ニュース系列 -
番組供給系列 全国独立放送協議会
略称 TVS
愛称 テレ玉[1]
呼出符号 JOUS-DTV
呼出名称 テレビさいたま
デジタルテレビジョン
開局日 1979年4月1日
本社 330-8538[1]
埼玉県さいたま市浦和区
常盤六丁目36番4号[1]
演奏所 本社と同じ
リモコンキーID 3[3]
デジタル親局 さいたま(浦和) 32ch
アナログ親局 さいたま(浦和) 38ch
ガイドチャンネル 38ch
主なデジタル中継局
  • 児玉:(垂直偏波)32ch
  • 秩父:32ch
主なアナログ中継局
  • 児玉:(垂直偏波)30ch
  • 秩父:47ch
  • 公式サイト http://www.teletama.jp/
    特記事項:
    コールサインの4文字目が「S」となる唯一の民放テレビ局
    テンプレートを表示
    テレビ埼玉本社の鉄塔
    テレビ埼玉の中継車

    略称はTVSであるが、正式社名同様、使われる機会が少なくなり、現在は愛称のテレ玉が定着している。コールサインJOUS-DTVコールネームテレビさいたまデジタルテレビジョンリモコンキーIDは「3」。全国独立放送協議会の幹事社を担当する[4]

    概説編集

    局略歴編集

    本社は、埼玉県さいたま市浦和区常盤六丁目36番4号にある。送信所はさいたま市桜区にあるほか、14の中継局がある(ピーク時は16局)。愛称は「テレ玉」(てれたま、2006年4月1日 -)、「テレ埼」(てれさい、- 2006年3月31日)である。主要株主は埼玉県庁さいたま市太平洋セメント西武鉄道など地元の自治体・主要企業および読売新聞朝日新聞東京新聞中日新聞社)などが挙げられる。

    2001年4月1日よりステレオ放送(音声多重放送)を開始。設備更新は1999年完了の予定だったが、デジタル化を視野に入れることによって計画が延びた。

    受信可能地域は埼玉県のほぼ全域、および東京都神奈川県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県長野県の一部地域。2006年7月からはケーブルテレビを通じて、一部の受信不可能地域でも視聴できるようになった[5]。ただし、ひかりTVスカパー!プレミアムサービス光フレッツ・テレビについては、県外区域外再放送への同意をまだ得ていない(2017年8月時点)ため、視聴することができない。これは、TOKYO MXテレビ神奈川チバテレビも同様である。

    2006年4月から独立放送局では千葉テレビ岐阜放送三重テレビと合わせてワンセグをスタートさせた。同時にCIを一新。愛称を「テレ玉」に、キャッチフレーズを「あなたにカンケイあるテレビ」とした。なお、関連会社のテレビ埼玉プランニングでは2006年3月までのロゴデザインが継続使用されている。局のシンボルキャラクターも従来の「ゆめちゃん」、「元気くん」から玉子をモチーフにしたキャラとなった。このキャラクターの名称は、同年6月1日から7月末まで一般募集を行い、「たまごろー」に決定した。ところが決定当初では頻繁に使われていたものの時間の経過と共に徐々に使用頻度が落ち、2008年10月から「テレ玉くん」に名称変更された。この名称は一般募集ではない。変更の理由について、同社は『「テレ玉」の呼称を広めるため』と説明している。他にもテレ玉くんの友達として、みず玉ちゃん、うず玉くん、ガリ玉くん、ご先祖たま、でか玉さんがいる。

    事業所編集

    本社・演奏所
    支社

    番組の特徴編集

    2022年7月1日時点で、放送開始時刻は平日が4:40[注 1]、土曜日が4:25、日曜日が4:55で、放送終了時刻は月曜日が26:14(2:14)、火・水曜日が26:19(2:19)、木曜日が26:09(2:09)、金曜日が26:24(2:24)、土曜日が26:00(2:00)、日曜日が25:49(1:49)である。なお『高校野球ダイジェスト』を放送する場合は、時間が変更される。また、オリンピックやサッカーFIFAワールドカップ中継など、国際スポーツイベントを深夜帯に放送する場合は、大幅に変更される。

    埼玉西武ライオンズ浦和レッズ大宮アルディージャなど地元スポーツチーム関連の番組制作に力を入れている。

    長年西武ドーム(年度によっては西武ドーム以外での西武主催ゲームも)での西武対他パリーグ球団、セ・パ交流戦を『ライオンズアワー』として放送している。2019年まで、西武のロードゲーム戦(他球団主催による西武ドーム以外での試合)や、西武以外の試合(東京ドームでの北海道日本ハムファイターズ主催試合など)の時には『ヒットナイター』という番組名で放送していた。『ライオンズアワー』は1987年から2004年までは、プロ野球中継放送では極めて稀な解説者無しの実況のみという放送体制で、2005年からは元西武の辻発彦他数名が解説者として就いた(辻は2006年まで[注 2])。一方東京ケーブルネットワークとの提携による日本ハム戦を中心とした『ヒットナイター』では宇田東植嶋田信敏らが解説者として出演していた。2007年以降は西武OBの大友進松沼雅之が解説を担当している。実況は主に同局OBの上野晃、元文化放送坂信一郎の両アナウンサーが担当している。かつてTBSがライオンズをバックスポンサードしていた時期は『ライオンズアワー』をTBS関連会社・TBSビジョンが制作協力し、TBSのスポーツ担当アナウンサーが実況を行ったこともあった。2008年5月23日放送の『ライオンズアワー』はセ・パ交流戦での対巨人戦で、テレ玉以外に関東圏の地上波テレビ局では中継せず、巨人戦の地上波テレビ独占中継となった[注 3]。また2011年6月1日の対巨人戦も放送し、テレ玉では3年ぶりに対巨人戦を中継した[注 4]

    夏には高校野球埼玉大会県営大宮公園球場で開催される試合を生中継している。その模様および他球場の試合については21時台に『高校野球ダイジェスト』として放送される。実況は主に上野晃矢野吉彦各アナウンサーが担当している。

    ローカルニュースや天気予報、埼玉県庁や県内各市役所による広報番組、県内のビジネス情報を伝える経済番組、公営競技オートレース競馬競輪競艇)中継といったコンテンツも多い。また、埼玉県知事や県議会の選挙が行われる時には特別番組を組んで開票速報を流す他、国政選挙の時にも埼玉県内の各選挙区の開票速報をする。定期的に県知事の定例会見を生中継(編成上により録画中継もあり)するが、県議会中継は関東圏の独立放送局の中で唯一実施例がない。

    天気予報(お天気マップ)の番組で使用されているBGMは、埼玉県との関係が深いピアニスト村松健が作曲したものである。特徴的なピアノソロの演奏も村松によるものである[注 5]

    バラエティ番組では2014年から千鳥の関東初冠番組として『いろはに千鳥』を放送開始。1回で8本撮りという撮影スケジュールの過酷さから全国ネットの番組でもネタにされるなど人気を博し、全国各地で放送されるようになった。また、当番組の成功を受け、関東地方の独立局では吉本興業所属タレントによる冠番組が次々と制作されるようになった。

    関連会社に、テレビ埼玉クリエイティブがある関係で、特に演歌・歌謡曲関係の音楽番組が多い。大晦日にはBS日テレフジテレビNEXTニッポン放送などの大手メディアと共同で、『NHK紅白歌合戦』と同時間帯に『ももいろ歌合戦』を生放送している[6]。また、近年では元日に放送されている『埼玉政財界人チャリティ歌謡祭』がネット実況で賑わいを見せるなど人気を博しており[7]、番組のハッシュタグTwitterトレンドの1位を獲得した実績もある[8]

    1989年昭和天皇崩御の際は日本民間放送連盟の取決めに則り崩御関連番組を編成することとなったが、自前での番組制作は不可能なため、オブザーバー加盟していた日本テレビ系列NNS)の放送をテレビ神奈川・千葉テレビ・群馬テレビと同様にほぼフルネットで対応した。

    2006年2月14日午後11時30分 - 2月15日午前7時30分にかけて放送されたTBS系列で放送のトリノオリンピック中継[注 6]や、同年7月6日午前3時35分 - 6時30分にかけて放送されたテレビ東京系列で放送のドイツワールドカップ中継の放送は、テレ玉では異例の終夜放送となった。また2005年8月には台風11号が首都圏接近、2019年10月には令和元年東日本台風(台風19号)が首都圏通過のため、フィラーを流し終夜放送を行っていた。

    地上デジタル放送編集

    2005年12月1日から地上デジタル放送を開始。同時にデータ放送をスタート。当初は2006年に開始する予定をしていたが、NHKキー局で使用している東京タワーから発射する電波が、2005年12月より正式に県内をカバーするために、これに合わせる形での開局となった。また秩父・児玉地域は、2006年10月より試験電波、同年12月より放送開始した。これで県内の99%が視聴可能となった。その他の中継局についても、デジタル設備を設置しない局を除き、2010年までに開局した。

    ハイビジョン(1125i)番組は放送開始当初で12%に留まった。ハイビジョン化は独立放送局の中では積極的であり、自社スタジオは2014年4月から全てハイビジョン対応になり、取材VTRや天気画面、お天気カメラの完全ハイビジョン化がほぼ完了しつつある。

    近年は、原則16:9比率(ビスタビジョン)制作となっている深夜アニメ番組は、デジタル放送開始当初こそ超額縁(4:3SD)状態だったが、2006年3月よりフルワイド(16:9SD)で放送されている。これは独立放送局では初めてであり、テレビ局全般では毎日放送に次いで全国2番目である。

    画面右上には、他のデジタル放送局同様(関東圏ではNHK、在京キー局TOKYO MXチバテレビ放送大学)、関東圏の独立放送局では初めて採用された、可視型の“ウォーターマーク”(局ロゴの半透明表示)を、開局当初から番組中に常時表示している(2009年1月31日まで関東圏の独立放送局の中では唯一の表示であった)。同局では「テレ玉」ロゴを使用。開始当初から2006年3月31日まで旧「テレビ埼玉」ロゴを表示、2006年4月1日は「たまごろー」と「テレ玉」ロゴが表示されていたが、放送の途中で消去され急遽現行のデザインに変更された。

    但しウォーターマークが表示されない番組が存在する。独立放送局から同時ネットされている番組や通販番組では現在表示されていない。ただし、首都圏トライアングルの同時ネット番組の中で、『ちば朝ライブ モーニングこんぱす』、『猫のひたいほどワイド』内では、番組開始から5秒間と番組放送終了の5秒前から5秒間は表示される[注 7]。通販番組等も、番組放送終了の1秒前から1秒間は表示される。深夜帯に放送されている全てのアニメ番組(UHFアニメ)にも表示していなかったが、2008年7月4日の深夜(日付上は7月5日)より一部を除いて表示している。なお、「SV2(サービス2)」(後述)とワンセグは終日を通して表示されない。

    マルチ編成は最大3ch使用可能(031ch…テレ玉1、032ch…テレ玉2、033ch…テレ玉3)である。同局では031chを「SV1(サービス1)」、032chを「SV2(サービス2)」とそれぞれ称している(現時点でこの2chのみ使用されているため、033chは特に称されていない)。デジタル放送開始直後の放送終了後に、試験放送を実施したことがあった。現在レギュラーでは実施されていないが、2007年1月16日に初めてマルチ編成を実施した。また2008年1月17日にも同様に実施した。両日とも031chはアナログ放送同様の通常放送、032chと033chに競輪中継をそれぞれ放送された。現時点では2番組同時で放送された実績があるが、3番組同時に放送されたことはない(033chは、SV2の同時放送となる)。

    2008年1月21日から2008年3月31日まで毎週月曜日午後3時からの1時間と午後7時からの1時間に、同年1月23日から同年3月26日までは毎週水曜日午後8時からの1時間に実施されていた。031chはアナログ放送同様の通常放送、032chにショップチャンネルお買い物エンタテインメントが放送された。ただし033chは、“現在放送されていません”などの表示が出て、テレビ画面は映像が映らない。なおマルチ編成開始・終了の時は、フェードブラックアウト・インする。

    EPGについて開始当初から、番組タイトルの最後にステレオ放送は(S)、再放送は(再)などカッコ内で放送形態を表記(例:「ごごたま(S)」)していたが、2007年5月25日より□(四角)の中に放送形態を表示、2008年4月よりハイビジョン制作番組に[HV](四角の中にHV)が、段階的に表記(例:「ごごたま[S][HV]」)されるようになった。ただしこの[HV]マークに関しては、番組のハイビジョン化が進むにあたって2010年頃より表記されなくなっている。

    ワンセグ(携帯機器向け放送)は2006年4月1日より開始。現在は本放送と同じ番組を流している。

    その他編集

    読売新聞埼玉県版の隔週木曜日には、同じ埼玉県の放送局であるNACK5と交互に「テレ玉便り」として最近のテレ玉のお知らせや番組情報を掲載している。以前にも2004年4月から2005年3月まで「テレ埼のオフマイク」、2005年4月から2006年3月まで「テレ埼便り」をそれぞれ掲載していた(前者は毎週、後者は隔週掲載)。またデイリースポーツ東京本社版(宅配用)のラテ欄では、テレ玉の放送局表示カット部分(他局の放送局表示では電話番号が書かれている部分)に、前述の「あなたにカンケイあるテレビ」という同局のキャッチフレーズが記されている。

    1990年代後半まで放送開始時刻が軒並み遅く、5時台まで試験電波を流し終えた後に放送開始時間(平日の放送開始時刻が7時、休日は10時)まで、カラーバーテストパターン画面でBGMを流すフィラー様の放送を行っていた(同時期のテレビ東京放送大学においても放送開始までの15分程度、テストパターンで実施していた)。

    2021年7月6日から民放公式配信サービスのTVerに参加し、同日から自社製作番組『いろはに千鳥』[9]、2022年3月30日からテレビ埼玉とBSよしもとの共同製作番組『それゆけ!大宮セブン[10]の配信をそれぞれ開始した[注 8]

    資本構成編集

    企業・団体は当時の名称。出典:[13][14][15][16]

    概要編集

    筆頭株主は埼玉県。第2位株主は放送対象地域が重複する日本テレビ放送網(8.26%、10%まで出資可)。

    2020年3月31日 - 2021年3月31日編集

    資本金 発行済株式総数 株主数
    15億円 3,000,000株 90
    株主 株式数 比率
    埼玉県 300,000株 10.00%
    日本テレビ放送網 248,000株 08.26%
    太平洋セメント 220,000株 07.33%
    西武鉄道 200,000株 06.66%
    埼玉りそな銀行 150,000株 05.00%
    読売新聞東京本社 140,000株 04.66%
    大栄不動産 120,000株 04.00%
    中日新聞社 100,000株 03.33%
    朝日新聞社 100,000株 03.33%
    西友 100,000株 03.33%
    そごう・西武 100,000株 03.33%
    サイサン 100,000株 03.33%

    過去の資本構成編集

    沿革編集

    ネットワークの移り変わり編集

    東京支社編集

    〒104-0061
    東京都中央区銀座八丁目9番16号 長崎センタービル8階[1]
    • このビルはTBS系列の長崎県の放送局である長崎放送が所有するビルであり、直接関係のない他局の所有するビルに入居しているという珍しい例である。

    放送区域編集

     
    親局 浦和局(平野原送信所)

    呼出符号、呼出名称、チャンネル編集

    中継局編集

    “ch番号+V”は垂直偏波。●はデジタル開始の際に新設された中継局[1]

    中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch
    児玉 32V 秩父 32 小鹿野 52 神泉 15V
    東秩父 15 ●風布 36 小川 49 秩父栃谷 15V
    秩父定峰 15V 横瀬根古谷 15V ●飯能上赤工 15 飯能原市場 15
    吾野 41 名栗 49 ●飯能唐竹 15

    アナログ放送編集

    2011年7月24日停波時点

    • コールサイン - JOUS-TV
    • 送信所:浦和テレビ送信所 38ch(映像出力5kW、音声出力1.25 kW)

    “ch番号+V”は垂直偏波。○はアナログ完全終了後に廃止となる中継局。

    中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch 中継局 ch
    児玉 30V 秩父 47 小鹿野 41 神泉 29V
    東秩父 62 小川 44 秩父栃谷 31V 秩父定峰 62V
    横瀬根古谷 31V 飯能原市場 48 吾野 62 名栗 62
    ○大滝 46V ○荒川 48V

    区域外再放送編集

    太字の局はパススルー再放送をしている。

    情報カメラ設置ポイント編集

    スタジオ編集

    本社編集

    第1スタジオ(80坪)
    使用番組:
    ニュース930 plus』(金曜)、『REDS TV GGR』、『埼玉ビジネスウォッチ』、『魅力まるごと いまドキッ!埼玉』、報道特別番組 など
    第2スタジオ(10坪)
    使用番組:
    マチコミ』、『BACHプラザ
    以前倉庫だった場所をスタジオとして改修。2005年8月(デジタル放送開始前)にハイビジョン対応化。
    なお、常時生放送番組をハイビジョンで放送したのは独立放送局の中では当局が最初である。
    マスタースタジオ(6坪)
    使用番組:
    ニュース1155』、『ニュース545』、『ニュース930』、『ウイークエンドニュース サタデー・サンデ―』 、『REDS TV GGR』(コーナー収録)、提供クレジットやCMのナレーション収録 など
    省力化を目的として、マスター(主調整室)内から駆動するスタジオとして設置。通称はMスタジオ。主調整室内のアナウンスブース内にカメラと背景となる簡易セットを常設し、スタジオとして使用している。なお主調整室内には簡易送出卓(マスターサブ)が併設されており、マスタースタジオはこちらから駆動される。
    設置時期は情報あさびんの開始と同時。デジタル放送開始前にハイビジョン対応化。

    主な番組編集

    アニメ番組全般については、テレビ埼玉アニメ番組放送一覧を参照。

    報道・情報編集

    音楽編集

    スポーツ編集

    大宮アルディージャについては、2012年から2016年までスカパー!Jリーグ中継の製作を委託されていた。

    バラエティ編集

    ドラマ編集

    海外

    再放送

    他局からのネット番組編集

    番組によって、断り書きのテロップ表示が入る。基本的に、この番組は(テレビ局名)で(年を越えた場合「昨年」)○月○日(○(曜日))に放送されたものです。と下または上表示。場合によっては月のみ表示する。

    独立局編集

    日本テレビ系列編集

    テレビ朝日系列編集

    TBS系列編集

    ※ 年末年始には高校ラグビーの中継を放送することもある。

    フジテレビ系列編集

    その他編集

    既に終了した番組編集

    自社制作番組編集

    ネット番組編集

    独立局

    日本放送協会(NHK)

    日本テレビ系列(NNN・NNS系列)

    テレビ朝日系列(ANN系列)

    TBS系列(JNN系列)

    • TBSテレビ
      • 2006年1月、MBSテレビ製作の『BLOOD+』のナビゲーション特番がレギュラー放送しているTBSテレビではなくテレビ埼玉で放送された。同2月にはTBSテレビのトリノオリンピック中継の同時ネットも行われた。また、2012年夏のロンドンオリンピック中継も同時ネットされた。

    なおTBS系列 (JNN) の番組はJNN協定のために基本的には他系列(TBS系列局のない地域や、ローカルセールス番組を除く)への番組ネットはできない。

    テレビ東京系列(TXN系列)

    • テレビ東京
      • 極める ※放送番組センター配給
      • 2002年6月にテレ東の日韓ワールドカップサッカー中継が、2006年6月にドイツワールドカップサッカー中継が、2014年6月にブラジルワールドカップサッカー中継が同時ネットされた。
      • 大江戸捜査網(月曜-金曜 15:05-16:00)
    • テレビ大阪
    • BSジャパン
      • ヨーロッパ名犬紀行 〜愛犬の故郷を訪ねて〜(木24:30-25:00)

    フジテレビ系列(FNN・FNS系列)

    その他

    歴代社長編集

    • 山中要作(元埼玉県副知事)
    • 角井信(元埼玉県知事特別秘書、埼玉県企画財政部長)
    • 星野重弘(元埼玉県総務部次長、企業局次長・管理部長)
    • 村上巌(元毎日新聞常務)
    • 山根卓二(元産経新聞常務)
    • 中根憲一
    • 岩崎勝義
    • 平本一郎
    • 川原泰博

    アナウンサー編集

    現在、同局には社員(契約含む)のアナウンサーはおらず、すべて外部の芸能事務所などから、一定期間の専属契約を結んだフリーランスのアナウンサーを、テレビ埼玉嘱託として迎え入れている。ほぼ毎年変更がある[24]

    現在編集

    女性
    ※男性は2022年7月現在在籍なしのため、外部のフリーアナウンサーとの番組個別契約になる。

    退社編集

    男性編集

    女性編集

    契約編集

    男性編集
    女性編集

    関連会社編集

    • TAP
    • U-net
    • A-ON
    • テレビ埼玉クリエイティブ
      • 元は番組制作会社・テレビ埼玉プランニングと、音楽・文化公演プロデュースのテレビ埼玉ミュージックだったが、2021年4月に合併した。[26]
    • ビーコム

    関連項目編集

    脚注編集

    [脚注の使い方]

    注釈編集

    1. ^ 不定期に4:10になる場合あり。
    2. ^ 2007年から中日ドラゴンズ二軍監督に就任したため降板。
    3. ^ BSではBS朝日が、AMラジオではほぼ全民放ラジオ局が中継した。
    4. ^ なおこの時のBSはNHK BS1が中継した。
    5. ^ なおこのBGMはテレビ朝日の『報道ステーション』の天気予報でも使われたことがある。
    6. ^ この五輪中継では、番組に内包されていた『JNNニュース』も、JNN系列外ながらテレ玉でもそのまま放送した。原則としてJNN非加盟局に対しては認められていないが、やむを得ない事情による特例であった。
    7. ^ これは、番組制作局(千葉テレビ及びテレビ神奈川)との中継回線において、制御信号(いわゆる「ネットキュー」「キュー信号」と呼ばれるもの)の送受信ができないことから、CM放送時にウォーターマークをはじめ、天気ループや時刻表示のカスタムフォントが送出され続けることによる放送事故を防ぐ意味合いもある。
    8. ^ なお、該当番組は日本テレビが運営している無料動画配信サービス「日テレ無料TADA!」に供給されており、TVerでは更にその供給を受ける形で配信されている。この経緯から、TVerでは日本テレビ系列の番組として扱われている[11][12]
    9. ^ マスコットキャラクターテレ玉くんのイメージソング(前山田健一作曲)をフルバージョンでオンエアしている。「テレ玉くんと仲間たち」(歌唱および作詞名義)が登場するアニメーション映像の使用が中心となるが、芸能人や埼玉県民がダンスをした映像をオンエアする場合も多々ある。また、上記枠以外にもスポットでショートバージョンも流されている。
    10. ^ 手裏剣戦隊ニンニンジャー』から放送。2017年1月29日から2018年3月25日までは日曜 12:30 - 13:00、2018年4月7日から2019年3月30日までは土曜 13:00 - 13:30
    11. ^ 仮面ライダードライブ』から放送。2019年3月31日までは13:00 - 13:30、2022年3月20日までは12:30 - 13:00。
    12. ^ 開始当初は毎週火曜22:00 - 22:30、のちに毎週木曜 1:00 - 1:30(水曜深夜)、2012年7月より『今夜野宿になりまして』の放送開始に伴い毎週金曜 2:05 - 2:35(木曜深夜)に、のちに毎週金曜 2:00 - 2:30(木曜深夜)で放送されていた。
    13. ^ 2014年3月までは5いっしょ3ちゃんねる参加各局同時ネットのため火曜 23:00 - 23:30に放送。同時ネット終了後は2014年4月から2015年9月までは火曜 26:00 - 26:30、2015年10月以降は水曜 23:30 - 24:00、以後も水曜 23:30 - 24:00や月曜 24:30 - 25:00に放送されており放送時間の変遷が激しい
    14. ^ 2019年3月までは水曜 8:00 - 8:30。4月より『時代劇 必殺アワー』の放送が8時台になったため現在の放送枠に移動した。
    15. ^ 末期の放送時間は、木曜 23:00 - 23:30、再放送・土曜 18:30 - 19:00
    16. ^ 三重テレビ以外の12局共同制作。
    17. ^ 2014年10月から12月までは 火曜 23:00 - 23:30、2015年1月から3月まで日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜)。
    18. ^ 2005年〜2016年1月まではアナウンサー。同年2月〜2017年3月末までは報道記者。

    出典編集

    1. ^ a b c d e f g h i j 会社概要 - テレ玉/地デジ3ch
    2. ^ a b c d e 株式会社テレビ埼玉 第44期決算公告 - 官報決算データサービス
    3. ^ テレ玉の受信方法 - テレ玉/地デジ3ch
    4. ^ 「独立系地方局にとってワンセグは大きなチャンス」”. ITpro. 日経BP (2006年3月29日). 2013年4月8日閲覧。
    5. ^ テレ玉が観られるCATVの一覧”. テレビ埼玉 (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。
    6. ^ ドリカムも米津玄師も出ない『紅白歌合戦』よりも本物っぽい“歌合戦”とは?”. @niftyニュース (2018年11月15日). 2018年12月4日閲覧。
    7. ^ これが埼玉の本気だ! テレ玉の正月番組「埼玉政財界人チャリティ歌謡祭」が謎すぎて目が離せない - ねとらぼ(ITメディア)、2015年12月30日
    8. ^ 2017年も『埼玉政財界人チャリティ歌謡祭』元旦放送! 『Twitter』でもトレンド一位に - ガジェット通信(東京産業新聞社)、2017年1月2日
    9. ^ 「いろはに千鳥」TVerで配信開始、次回は8カ月ぶり外ロケで日本橋へ”. お笑いナタリー (2021年6月30日). 2021年7月11日閲覧。
    10. ^ 決まってない、未定、見切り発車の大宮セブン冠番組「僕たちどうしたらいいですか?」”. お笑いナタリー (2022年3月18日). 2022年4月3日閲覧。
    11. ^ いろはに千鳥《テレビ埼玉》”. 日テレ無料TADA!. 2021年7月11日閲覧。
    12. ^ それゆけ!大宮セブン《テレビ埼玉》”. 日テレ無料TADA!. 2022年4月3日閲覧。
    13. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2021』コーケン出版、2021年12月10日、319頁。 
    14. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、301頁。 
    15. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、273頁。 
    16. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、251頁。 
    17. ^ 「テレ玉 別館 竣工のお知らせ」テレビ埼玉 News Release”. テレビ埼玉 (2016年3月11日). 2015年11月13日閲覧。
    18. ^ 「平成30年度 テレ玉下期番組編成について」テレビ埼玉 News Release”. テレビ埼玉 (2019年9月27日). 2019年2月18日閲覧。
    19. ^ 「春日部市生まれ はなわが歌う 埼玉県応援歌「咲きほこれ埼玉」 テレ玉開局40周年記念ソングに決定!」テレビ埼玉 News Release”. テレビ埼玉 (2019年2月18日). 2019年2月18日閲覧。
    20. ^ より持続可能な未来を築くために「テレ玉SDGsウィーク」”. テレビ埼玉 (2021年9月10日). 2021年9月10日閲覧。
    21. ^ テレビ埼玉浦和テレビ送信所送信所・無線局免許状 - 総務省
    22. ^ 2019年3月までは9:00 - 10:00。
    23. ^ 「超特急と行く!食べ鉄の旅」第3弾 放送決定 !!”. 超特急 (2019年11月27日). 2020年1月17日閲覧。
    24. ^ アナウンサールーム - テレ玉/地デジ3ch
    25. ^ 宮田愛子 (2021年6月25日). “ご報告”. オフィシャルブログ「Better Together」. CyberAgent. 2021年6月25日閲覧。
    26. ^ 合併に関するご案内

    外部リンク編集