大和フーヅ

大和フーヅ株式会社(やまとフーヅ)は、埼玉県熊谷市に本社を置く、ミスタードーナツモスバーガーフランチャイジーとしての店舗運営をする企業である。日本製粉株式会社の完全子会社であるニップンドーナツホールディングス株式会社の子会社で、かつては三洋電機株式会社や株式会社ゼンショーホールディングスの子会社であった。

大和フーヅ株式会社
YAMATO FOODS CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証JQ 2696
2010年3月18日上場廃止
本社所在地 日本の旗 日本
360-0833
埼玉県熊谷市広瀬104
設立 1972年3月10日
業種 小売業
事業内容 飲食店の運営
代表者 代表取締役社長 高山孝之
資本金 1000万円
売上高 74億1,819万円(2009年3月期)
純資産 25億9,441万円(2009年3月)
総資産 36億2,765万円(2009年3月)
従業員数 148人(2014年3月)
決算期 3月31日
主要株主 ニップンドーナツホールディングス (100%)
外部リンク www.ymtfds.co.jp
テンプレートを表示

目次

沿革編集

  • 1972年3月 - 三洋自動販売機株式会社の完全子会社として大和フーヅ株式会社設立。
  • 1983年12月 - 三洋自動販売機株式会社が東京三洋電機株式会社に吸収合併され、東京三洋電機株式会社の子会社となる。
  • 1986年12月 - 東京三洋電機株式会社が三洋電機株式会社に吸収合併され、三洋電機株式会社の子会社となる。
  • 2001年6月 - 株式を店頭公開(現在のジャスダック)。
  • 2002年12月 - 三洋電機株式会社が株式を譲渡し、株式会社ゼンショーが筆頭株主となる。
  • 2003年4月 - 株式会社ゼンショーの子会社となる。
  • 2004年12月 - ジャスダック証券取引所に株式を上場。
  • 2010年3月18日 - ジャスダック証券取引所上場廃止。
  • 2010年3月24日 - 株式会社ゼンショー(初代、現:株式会社ゼンショーホールディングス)が株式交換により完全子会社化する。
  • 2010年9月 - 本社を埼玉県熊谷市から東京都港区へ移転。
  • 2014年4月1日 - 手打ちうどん久兵衛屋の運営を株式会社ゼンショー(2代)へ移管[1]
  • 2016年4月28日 - 日本製粉株式会社の完全子会社であるニップンドーナツホールディングス株式会社が、株式会社ゼンショーホールディングスから全株式を取得し親会社となる[2]
  • 2016年4月 - 本社を東京都港区から埼玉県熊谷市へ移転。

運営する店舗編集

かつて運営していた店舗編集

脚注編集

外部リンク編集