メインメニューを開く

大和町(だいわちょう)は、かつて広島県賀茂郡に存在した町である。

大和町
Flag of Daiwa Hiroshima.svg
大和町旗
Emblem of Daiwa, Hiroshima.svg
大和町章
1955年昭和30年)3月31日制定
廃止日 2005年3月22日
廃止理由 新設合併
三原市、賀茂郡大和町、豊田郡本郷町、
御調郡久井町→三原市
現在の自治体 三原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
賀茂郡
団体コード 34407-9
面積 121.88km2
総人口 7,324
(2004年3月31日)
隣接自治体 東広島市、世羅郡世羅町
豊田郡本郷町、御調郡久井町
町の木 イチョウ
町の花 モモ
大和町役場
所在地 729-1406
広島県賀茂郡大和町下徳良111番地
 表示 ウィキプロジェクト

平成の大合併では住民投票まで行った末に三原市および周辺の町との合併を選択し、2005年3月22日に三原市・豊田郡本郷町御調郡久井町と合併(新設合併)して三原市となり廃止した。

目次

地理編集

  • 河川

大字編集

  • 姥ヶ原(うばがはら)
  • 大具(おおぐ)
  • 大草(おおぐさ)
  • 上草井(かみぐさい)
  • 上徳良(かみとくら)
  • 蔵宗(くらむね)
  • 篠(しの)
  • 下草井(しもぐさい)
  • 下徳良(しもとくら)
  • 萩原(はいばら)
  • 箱川(はこがわ)
  • 平坂(ひらさか)
  • 福田(ふくだ)
  • 椋梨(むくなし)
  • 和木(わき)

沿革編集

  • 1889年4月1日 - 町村制施行に伴い、大和町域は豊田郡大草(おおぐさ)村・椹梨(くわなし)村・豊田村・世羅郡神田村となる。
  • 1951年11月3日 - 大草村が豊田郡船木村姥ヶ原を編入する。
  • 1955年3月31日 - 豊田郡大草・椹梨両村の全域、豊田郡豊田村の一部(残部は豊田郡河内町に編入)、世羅郡神田村が合併(新設合併)して大和町が成立する。
  • 1956年4月1日賀茂・豊田両郡の所属町村変更により所属郡が豊田郡から賀茂郡に移行する。
  • 2005年3月22日 - 三原市・豊田郡本郷町・御調郡久井町と合併して三原市となり廃止する。

名所・旧跡編集

  • 椋梨ダム・白竜湖
  • 道の駅よがんす白竜
  • 白竜湖スポーツ村公園・白竜ドーム
  • 棲真寺
  • 向用倉農業公園
  • 大和サイクリングターミナル

産業編集

  • 農業が主産業である。特産品にはモモや大和イモ、ハトムギがある。

教育(2005年3月21日当時のデータ)編集

交通(2005年3月21日当時のデータ)編集

関連項目編集

外部リンク編集