広島県道343号下徳良本郷線

日本の広島県の道路

広島県道343号下徳良本郷線(ひろしまけんどう343ごう しもとくらほんごうせん)は広島県三原市大和町下徳良と同市本郷町船木を結ぶ一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
広島県道343号標識
広島県道343号下徳良本郷線
路線延長 km
制定年 1960年
起点 広島県三原市大和町下徳良
終点 広島県三原市本郷町船木
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0432.svg国道432号
広島県道49号本郷大和線
Japanese National Route Sign 0486.svg国道486号
広島県道33号瀬野川福富本郷線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

路線データ編集

沿革編集

  • 1960年昭和35年)10月10日 広島県告示第682号により広島県道228号下徳良本郷線として認定される。
  • 1972年(昭和47年)11月1日 都道府県道標識導入に伴う広島県の県道番号再編により現行の路線名称・番号に変更される。
  • 2005年平成17年)3月22日 三原市と賀茂郡大和町豊田郡本郷町御調郡久井町が統合して改めて三原市が発足したことに伴い全線が三原市域のみを通る路線になり、併せて起終点の地名表記が変更される。

路線状況編集

重用区間編集

  • 広島県道49号本郷大和線(三原市大和町下徳良・下徳良交差点 - 三原市大和町大草・大和南インター入口交差点間)
  • 国道486号(三原市大和町大草)

地理編集

通過する自治体編集

  • 三原市

接続道路編集

関連項目編集