メインメニューを開く

大島車両検修場(おおじましゃりょうけんしゅうじょう)は、東京都江東区にある都営地下鉄新宿線車両基地である。また、交通局大島庁舎はこの地上部にあり、新宿線の中枢部としての機能を有している。

大島駅から入出区線が通じているが、地理的には東大島駅の真北に位置している。

目次

概要編集

1972年昭和47年)に着工し、1978年(昭和53年)6月1日に都営地下鉄では3番目の車両基地として開設・発足した。この車両基地以降は全地下形検修場として建設されている。この場所は日本化学工業の小松川工場跡地を東京都が買収したもので、東京都が建設を予定した「亀戸・大島・小松川地区防災拠点計画」と同時に建設された。(東京都交通局70年史による)工事中の1973年(昭和48年)、地下鉄用地や市街地再開発用地に日本化学工業の小松川工場から排出されていた有毒物質である六価クロムが埋まっていることが判明し、その処理には2000年平成12年)までの長い年月を要した。車両基地は地上1階と地下1階構造ではあるが、地上1階部はシェルター方式を採用しているので関係者以外は見ることが出来ない。地上部の一部は大島小松川公園となっており、災害時には避難場所として利用できるようにされている。

この車両基地では新宿線車両の月検査ならびに重要部検査・全般検査その他車両洗浄などの業務を行っている。車両基地内は地下という環境上、湿気対策から大形の換気装置を設置している。2000年平成12年)12月28日にはISO14001を取得した。2009年(平成21年)からは重要部・全般検査は京王重機整備に委託されている。(下記の外部リンク参照)

車両基地を挟んだ南側には車両搬入口があり、新造車両はトレーラーで陸送してクレーンで地下の車両基地へと搬入する。なお、廃車時においては逆に、搬入口からクレーンで搬出されるか、京王電鉄の若葉台工場まで回送して解体される。

車両基地部編集

  • 敷地面積は約40,700m2
  • 建築面積は約62,100m2・そのうち地下車庫部は約59,300m2となっている。
  • 車両収容数は10両編成22本(220両)となっている。
地上1階部
  • 車輪転削線 1線 車輪転削盤設置
  • 留置1番線 - 7番線
  • 月検査1番線・2番線
  • 臨時検査1番線・2番線
  • 全重検査線 1線

※太字は検査線で、収容数には含めない

地下1階部
  • 留置8番線 - 18番線
  • 洗浄1番線・2番線 自動洗浄機1台設置

所属車両編集

この他に、工事重機車両と保線車両も留置される。

また京王9000系もかつては留置されていたが2016年9月16日17日ダイヤ改正により夜間停泊が消滅。

また、構内での検修車両入換用としてトモエ電機工業(現・新トモエ電機工業)製蓄電池機関車が配置されている[1]

脚注編集

  1. ^ 新トモエ電機工業公式サイト掲載の導入事例の記事による(2011年10月3日閲覧)。

参考文献編集

外部リンク編集

関連項目編集