メインメニューを開く
箱根大文字焼き

大文字焼き(だいもんじやき)とは、「大」の字を象った文字を松明の炎で描く行事に対し一部で使用される俗称である。

いわゆるお盆(旧暦の7月15日頃)の時期に彼岸へ祖先の霊を送る送り火として行われることが多く、代表格である京都の五山送り火(ござんのおくりび)をはじめとして、実際には「〜焼き」という呼称は使われていない[1]場合が多い。

現在、催しの名称として「大文字焼き」を採用しているのは、関東周辺の一部地域に限られる。

山肌は不安定であり、消防所への負荷も避けるため、大文字をLED照明に置き換えた事例が存在する[2]

行事が行われる地域編集

脚注編集

  1. ^ 「京都には『大文字焼き』なんてありません」岩上 力『京のあたりまえ』光村推古書院、2000年、120頁。
  2. ^ 大文字焼きがLED照明に 「やめてしまえ」「これも時代の流れか」”. J-CASTニュース (2017年8月19日). 2019年8月16日閲覧。
  3. ^ 正式には「大文字送り火」である(奈良市観光協会『奈良大文字送り火』)
  4. ^ “「大文字焼き」LEDで点灯 山梨県笛吹市”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2017年8月18日) 
  5. ^ 2017年からLEDライトによる点灯に切り替えられている[4]
  6. ^ 平泉大文字送り火

関連項目編集