大月 康弘(おおつき やすひろ、1962年 - )は、日本の歴史学者経済学者。主専攻は、東ローマ帝国史・ヨーロッパ経済史一橋大学大学院経済学研究科教授。国立大学法人一橋大学理事・副学長。日経・経済図書文化賞地中海学会ヘレンド賞受賞。

人物・経歴編集

栃木県立足利高等学校卒業。東ローマ史学者の渡辺金一一橋大教授に師事するため一橋大学経済学部に入学し1985年卒業[1]。1987年一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了、1990年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得退学。在学中は、渡辺金一山田欣吾阿部謹也の三教授に師事。2005年一橋大学より博士(経済学)の学位を取得。

1990年一橋大学経済学部助手、1991年成城大学経済学部専任講師、1994年同助教授、1996年一橋大学経済学部助教授。パリ第一大学客員研究員を経て、2006年から一橋大学大学院経済学研究科教授。2015年から17年同経済学研究科長・経済学部長。2018年国立大学法人一橋大学学長補佐(図書館担当)、一橋大学附属図書館長、 一橋大学社会科学古典資料センター センター長[2]。2020年国立大学法人一橋大学理事・副学長(総務、人事、研究、社会連携、広報担当)[3]

東京大学教養学部一橋大学小平分校、成城大学経済学部慶應義塾大学文学部共立女子大学国際文化学部東京大学文学部北海道大学文学部大阪大学文学部東北大学文学部等で非常勤講師、また、慶應義塾大学言語文化研究所兼任所員、国際日本文化研究センター共同研究員、早稲田大学ヨーロッパ中世・ルネサンス研究所招聘研究員。EUインスティテュート東京コンソーシアム執行委員長、EUSI Tokyo所長。西洋中世学会常任委員、社会経済史学会常任理事等を務めた。2005年より一橋大学柔道部部長[4]

1997年第2回地中海学会ヘレンド賞受賞、2006年『帝国と慈善 ビザンツ』で第49回日経・経済図書文化賞受賞[5][6]

著作編集

著書編集

訳書編集

  • ピエール・マラヴァル『皇帝ユスティニアヌス』白水社・文庫クセジュ、2005年1月
  • ベルナール・フリューザン『ビザンツ文明─キリスト教ローマ帝国の伝統と変容』白水社・文庫クセジュ、2009年7月
  • マガリ・クメール/ブリューノ・デュメジル『ヨーロッパとゲルマン部族国家』小澤雄太郎と共訳、白水社・文庫クセジュ、2019年5月

テレビ出演編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国立桜の歩道にて」竹内啓一先生追悼集
  2. ^ [1]一橋大学
  3. ^ 役員等一橋大学
  4. ^ 「氏 名 大月 康弘」一橋大学大学院経済学研究科
  5. ^ [2]
  6. ^ 「日経・経済図書文化賞、5点決まる」日本経済新聞社
  7. ^ 「出演者紹介」日本放送協会