メインメニューを開く

大森 房吉(おおもり ふさきち、1868年10月30日明治元年9月15日[1]) - 1923年11月8日)は日本地震学者

大森 房吉
Omori Fusakichi.jpg
生誕 1868年10月30日
日本の旗 日本越前国
死没 1923年11月8日
研究分野 地震学
研究機関 東京帝国大学
出身校 東京帝国大学
プロジェクト:人物伝
1906年 サンフランシスコの新聞より

目次

経歴編集

  • 1868年越前国足羽郡福井城下(現・福井県福井市手寄)に下級武士大森藤輔の五男として生まれる。小学生の時に上京。
  • 1890年に帝国大学(現・東京大学)理科大学物理学科を卒業[2]、その後大学院気象学地震学を専攻し、イギリスから招かれた地震学者ジョン・ミルンの指導のもとで1891年に発生した濃尾地震の余震についての研究を行った。
  • 1894年に本震からの経過時間に伴う余震の回数の減少を表す(余震の)大森公式も発表している。
  • 1894年から3年間ヨーロッパへ留学。
  • 1896年にヨーロッパ留学から帰国後、帝国大学地震学教授となる[3]。濃尾地震を契機に文部省(現・文部科学省)内に設置された震災予防調査会の幹事を長らく務め、日本の地震学の指導的な立場にあり、「日本地震学の父」とも呼ばれている。
  • 1898年に世界初の連続記録可能な地震計、大森式地震計を開発した。
  • 1899年初期微動継続時間から震源までの距離を決定できることを示す(震源距離の)大森公式を発表した。
  • 1905年に同じ講座の助教授であった今村明恒が、今後50年以内に東京での大地震が発生することを警告し、対策を迫る記事「市街地に於る地震の生命及財産に對する損害を輕減する簡法」を雑誌『太陽』に寄稿した。この記事は新聞に煽情的に報じられたため社会問題となった。房吉は震災対策の必要性には理解を示していたが、そのために社会に混乱を起こすことを恐れていた。そのため、その記事を根拠の無い説として退ける立場をとった。
  • 1910年有珠山の噴火の際には、自ら試作した地震計壮瞥町に設置して火山性地震の詳細な観測を行った[4]。それら観測の結果、火山性微動を世界で最初の記録するなど従来の火山学に新しい知見をもたらした[4]
  • 1911年には「大噴火の予知は場合によっては酷く困難な問題ではない」と述べ[4]、噴火予知のための恒常的観察を行う火山観測所の設置を提言し[4]、有珠山論文を発表した[4]
  • 1914年
    • 1月12日の朝、前日から桜島周辺で小さな地震が多発している旨の報告を受け、注意を促す電報を打とうとしていた矢先に桜島大正大噴火が発生している[5]
    • 1月16日に海上から桜島を視察し、同日19時に鹿児島市内には危険が及ばないとする見解を発表した。これにより当時混乱状態にあった市内は平静を取り戻した。また、ノーベル賞物理学委員会から論文提出の依頼状が届くが、論文は提出されなかった[6]
  • 1923年に大森は汎太平洋学術会議に出席するためオーストラリアに出発した。その留守の間に関東地震関東大震災)が発生した。房吉はちょうどシドニーリバビュー天文台で、この地震が地震計に記録されているのを見たという。この地震が日本で発生した大地震であることを知り、帰国の途についた房吉だったが、オーストラリア滞在中に脳腫瘍の病状が悪化。帰国後は直ちに東大病院に入院したが一ヶ月後に死去した[6]

栄典・授章・授賞編集

大森式地震計編集

 
大森式地震計、気象庁松代地震観測所資料室展示品

1890年代から1900年代初頭に各地の測候所に設置されていた地震計は、G.M.E(グレー - ミルン ・ユーイング)普通地震計で感震器が動作することで記録を開始する方式で有ったため、p波が記録出来ない欠陥があった。大森房吉はGME普通地震計を改良し、1898年頃に常時記録可能な大森式(水平)地震計を制作した[9]。この地震計は煤書式で記録紙を円筒形に巻いたドラムをゼンマイでゆっくりと動かし常に記録し続ける方式[10]。従って、P波、S波、L波の違いをはっきりと区別して記録することが可能であった[9][11]

後に微動計、簡単微動計などの様々な改良型が作られ、日本国内(大学・気象台測候所)だけで無く日本国外でも使用された[12]

主要論文編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 金港堂編 『第5回内国勧業博覧会審査官列伝 前編』 金港堂、1903年、63-64頁。 
  2. ^ 『官報』第2109号、明治23年7月11日、p.127
  3. ^ 「叙任及辞令」『官報』1897年12月8日(国立国会図書館デジタル化資料)
  4. ^ a b c d e 有珠山1977年火山遺構公園の案内看板の記載内容より
  5. ^ 大森房吉自身の報告による(出典:九州鉄道管理局編 大正三年桜島噴火記事 1914年)。
  6. ^ a b 日本地震学会広報誌「なゐふる」 Vol.98(2014年7月) 日本地震学会 (PDF)
  7. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。
  8. ^ 『官報』第2974号「叙任及辞令」1922年7月1日。
  9. ^ a b 大森房吉 田中舘愛橘記念科学館
  10. ^ 1905年芸予地震 (M=7.3) の大森式地震計による記録とその数値化 地震 第2輯 1998年 51巻 1号 p.113-121, doi:10.4294/zisin1948.51.1_113
  11. ^ 近地観測点における1923年関東地震によるP波波形の特徴 気象庁に保存されている地震記録の写真について 地震 第2輯 1996年 49巻 2号 p.141-168, doi:10.4294/zisin1948.49.2_141
  12. ^ 大森式地震計 国立科学博物館地震資料室

参考文献編集

関連資料編集

  • 「地震研究の先駆者・大森房吉の偉業」福井学基礎講座開講講演/講師=上山明博/日時=2014年6月28日(土)14:00~16:00/会場=JR福井駅前アオッサ6F 福井市中央公民館(福井市手寄1-4-1)/主催=福井市中央公民館+旭公民館
  • 「地震学者大森房吉(福井出身)正しい業績評価を」作家・上山明博さん講演(『福井新聞』第2面、2014年6月29日)

関連項目編集

外部リンク編集