メインメニューを開く

大橋隆憲(おおはし りゅうけん、1912年1月22日[1]-1983年3月11日[2])は、日本の僧侶統計学者京都大学名誉教授。

略歴編集

新潟県加茂市生まれ。旧名・栄俊。1935年東京帝国大学文学部宗教学科卒、1940年京都帝国大学経済学部卒、同助手、1942年日本鋼管入社、1949年京都大学経済学部助教授、65年教授。63年「統計理論の形式主義化にかんする研究」で経済学博士。66-67年経済学部長、1975年定年退官、名誉教授となり、日本福祉大学教授、1982年花園大学教授を務めた[3]

著書編集

共編著編集

  • 『日本鉄鋼業の生産構造 製鉄業参考資料の統計的分析』足利末男共著 有斐閣 (京都大学経済調査所 1952
  • 『社会科学的統計思想の系譜』編著 啓文社 1961
  • 『日本の階級構成』編著 岩波新書 1971
  • 『経済統計』高木秀玄,大屋祐雪共編 (有斐閣双書) 1973
  • 『新マルクス経済学講座 6 戦後日本資本主義の階級構成』宇佐美誠次郎共著 有斐閣 1976
  • 『図説日本の社会福祉』共著 法律文化社 1984
  • 『社会調査論 社会科学としての社会調査』宝光井顕雅吉原直樹共編 法律文化社 1985

翻訳編集

  • ゲオルグ・フォン・マイヤ『統計学の本質と方法』小島書店 1943
  • パウル・フラスケンパー『一般統計学 統計学綱要 第1部』足利末男共訳 農林統計協会 1953
  • ア・イ・ペトロフ編『経済統計学教程』木原正雄共監修訳 有斐閣, 1957-61
  • マルシャル『経済学と統計技術』監訳 ミネルヴァ書房 1959
  • S.オソウスキー『社会意識と階級構造』(世界の思想)細野武男共訳 法律文化社 1967
  • アラン・ハント編『階級と階級構造』小山陽一ほか共訳 法律文化社 1979

記念論文集編集

  • 『天空委鳥飛 大橋隆憲先生追悼文集』大橋隆憲先生追悼文集刊行会 1984
  • 『現代の階級構成と所得分配 大橋隆憲先生追悼論文集』坂寄俊雄ほか編. 有斐閣 1984

論文編集

脚注編集