大田原 広清(おおたわら ひろきよ)は、下野大田原藩の第12代藩主。

 
大田原 広清
時代 江戸時代後期
生誕 文政13年8月9日1830年9月25日
死没 嘉永4年4月12日1851年5月12日
改名 範次郎、英次郎(幼名)、広清
戒名 広源院殿清雄良湛大居士
墓所 東京都港区高輪泉岳寺
官位 従五位下、出雲
幕府 江戸幕府
下野国大田原藩
氏族 大田原氏
父母 父:大田原愛清、養母:松平忠彊の娘
正室:黒田長韶の娘
養子:大田原富清
テンプレートを表示

文政13年(1830年)8月9日、第11代藩主・大田原愛清の次男として生まれる。弘化2年(1845年)5月27日に世子に指名され、弘化3年(1846年)12月16日に従五位下・出雲守に叙位・任官する。弘化4年(1847年)3月10日の父の隠居により家督を継ぐ。

嘉永4年(1851年)4月12日に江戸藩邸で死去した。享年22。跡を養子富清が継いだ。