メインメニューを開く

大田原氏、大俵氏(おおたわらし)は、下野国豪族近世大名の名族。

大田原氏
家紋
まるにくぎぬき
丸に釘抜
おぼろづき
朧月
いたどり
虎杖[1]
本姓 出自不詳[2]
家祖 大俵忠清
種別 武家
華族子爵
出身地 武蔵国
主な根拠地 武蔵国
下野国那須郡大田原宿(現・大田原町
凡例 / Category:日本の氏族
大田原市光真寺にある大田原氏墓所。市指定文化財[3]
大田原城址(大田原市城山)


目次

出自編集

武蔵七党丹党の一族である安保氏の分流とされ大俵忠清が大俵氏の初代であると伝承されている。初代とされる大俵忠清南北朝時代武蔵国阿保郷にあったというが定かではない。多治比真人は、多治比・丹治比とも表記し、古代宣化天皇皇子の末裔であると伝わるが、これも定かではない。

また、別に大俵忠清は武蔵国榛沢郡阿保荘(郷ではない)に住んでいたが丹党に参加して、その後に関東平氏の一族と称し、領地の名からまた阿保[4]と名乗ったともいう。

また、その他の説としては平城天皇の皇子であった阿保親王の子で在原朝臣を賜った在原業平の後胤とするものもある。その説では藤原朝臣を名乗ったり、丹治氏に復姓したりしているが詳細は定かではない。

大俵氏は、下野国那須地方の大俵に移住したことから大俵と名乗ったとされる。

大俵忠清の子孫は代々、大俵を本拠とし、大俵を称したが大俵胤清の代に大田原に変更したといわれている。

大田原家譜などの諸書によると、大俵康清は「那須氏に仕え、始めて那須に移り、金田村水口城に住し」などと記載があることから室町時代の初頭か前期頃に、大俵康清と名乗る武士が名族那須氏に仕官したことがわかる。大田原氏は康清の時代に那須氏に仕えながら、次第に勢力を拡大し、在地武士たちを家臣団として編成するなどして領主として勢力をつけていったと考えられている。

康清は水口城を築き、大俵氏の基礎を固めたといえる。この水口城は大俵胤清の時代までの五代にわたって大俵氏の本拠として使用されたのである。

動向編集

戦国時代に入り、康清の子、大俵胤清とその子、大田原資清の時代になると、大田原氏は貪婪な野望を抱くようになる。那須氏が上下に分かれていたが、その上那須氏に仕えて当主、那須資親の信任の厚かったが、それを利用した。資親には実子がなかなか生まれず、致し方なく養子を白河氏から迎えていた。それが那須資永であるが、資親にはその後、実子の那須資久が生まれた。胤清・資清は巧みに、資親に資永が当主の器ではないと讒言し、実子の資久の方が有望で家臣の期待も集まっていると阿諛追従をした。そして、ついに、永正11年(1514年)の夏、資親と養子の資永の関係が悪化すると、資親の遺志と称して、資久を擁する大関氏伊王野氏金丸氏芦野氏などの那須党の有力諸氏を味方にして資永を攻め滅ぼした。しかし、資永の籠もる福原城を攻囲している間に、幼主の那須資久は起死回生を狙った那須資永の放った者によって拉致され福原城へと連れ去られ、城が落ちる際に、惨殺されてしまった。そのため、胤清・資清の幼主を擁して上那須家を牛耳る計画は失敗に終わり、那須氏は上那須氏が滅んだことで下那須氏によって統一されることとなった。

資清はそれでも野心を捨てず、領地拡大を図り、永正15年(1518年)に同じ那須党の福原資安大関宗増などの不意を衝いて攻撃した。しかし、敗れた。そのため、一時、国許を去ったが、娘を那須政資に嫁がせるなどの工作をしたことが功を奏して、資清は本領に復帰した。その後、政資を篭絡し、大関増次を討ち取り、長男の高増を養子として大関氏の名跡を継がせ大関高増とし、福原氏にも政資の命と称して次男の、資孝を養子としていれて福原資孝として両家を乗っ取ることに成功した。

父、那須政資が大田原氏を偏重することなどから、対立していた那須高資が家督を継いだ。そのため、高資を廃することを大田原氏は計画するようになった。しかし、高資は勇将で、近隣の有力大名の宇都宮尚綱足利晴氏などと連合して攻め込んできた際も、大田原氏などの援助を得ずに単独で、それを撃破し、尚綱を討ち取るなど活躍した。

資清の死後、その子、大田原綱清は、那須氏の宿敵、宇都宮広綱(尚綱の子)と誼を通じて、勇将の誉れ高い那須高資千本城にて謀殺。姉の子である那須資胤を那須家の当主にして、専権を振るった。

しかし、その後、成長した那須資胤は、大田原三兄弟大関高増福原資孝大田原綱清)らの専断を憎むようになった。また、大田原三兄弟も那須氏はもはや不要であると考えるようになり、大田原氏は宿敵の佐竹氏と連合して、那須資胤を排斥しようと図った。その結果、那須資胤と大田原三兄弟は合戦に及ぶなど緊迫したが、近隣の佐竹氏や宇都宮氏蘆名氏なども那須領を虎視眈々と狙っている情勢での内部分裂は愚劣であることは明らかだったので、那須資胤の老臣の興野氏(名は不詳)や那須党の有力国人伊王野氏の意を受けた伊王野氏の老臣稲沢氏(名は不詳)らが会談を持ち、資胤や三兄弟を説得して、ついに和平にこぎつけた。それによって、那須氏は対外的にまとまりを持つことができるようになり、那須資晴の時代には雄飛することができるようになった。

しかし、大田原氏の野望は尽きず、那須党の千本氏を謀略で滅ぼし、その領地を兄弟で分割するなど大田原氏は那須氏の癌であり続けた。

豊臣秀吉後北条氏を攻めると、いち早く、大田原晴清は豊臣秀吉に従い、その領地を保全し、那須氏には時期尚早として秀吉に従うことの非を唱えた。そのため、那須氏は遅参したとされ改易され、大田原氏は那須氏から認められていた領土をそのままに近世大名へと脱皮を果たし、大田原藩を立藩。そのまま一度も領地を移される事無く明治維新をむかえた。

系図編集

実線は実子、点線は養子。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
胤清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
資清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱清大関高増福原資孝
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
晴清増清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
政清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高清織田吉清晴川
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
典清清信扶清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
純清
 
 
 
友清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
庸清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
光清愛清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
富清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一清[5]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鋭清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尚清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝清
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孝清[6]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
清文[7]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 丹党代表紋
  2. ^ 武蔵七党丹党流?、多治比真人?、藤原朝臣?、在原朝臣在原業平後胤?と様々な説があり出自不詳。
  3. ^ 商工観光課 (2008年10月16日). “光真寺”. 大田原市. 2009年9月6日閲覧。
    大田原城(大田原氏)歴代城主霊廟”. 光真寺. 2009年9月6日閲覧。
  4. ^ 阿保氏安保氏も参照
  5. ^ 大田原庸清の女系子孫
  6. ^ 現当主。清文昌子康文ら2男1女有り。
  7. ^ 1971年生まれ。

参考文献編集

  •  太田亮「大田原 オホタハラ」『国立国会図書館デジタルコレクション 姓氏家系大辞典』第1巻、上田萬年三上参次監修、姓氏家系大辞典刊行会、1934年、1210-1212頁。全国書誌番号:47004572NCID BN05000207OCLC 673726070