大野 俊一(おおの しゅんいち、1903年1月29日 - 1980年3月26日)は、ドイツ文学者比較文学者

経歴・人物編集

東京・浅草に生まれる。第一高等学校を経て1927年東京帝国大学独文科卒、1931年渡欧し、パリベルリンで独仏語・文学を学び、1935年帰国、翻訳を行う。1936年外務省嘱託、1937年応召、1941年情報局嘱託、1943年応召、1945年帰国。1945年以後、研究、翻訳、非常勤講師などを行う。1957年慶應義塾大学文学部教授、1963年「ゲーテとフランス」で慶大文学博士。1970年慶大を定年となり武蔵大学教授、1973年定年となり特任教授。関西大学教授。

著書編集

  • 『ABCから学ぶ』弘学社 1948
  • 『入門和文英訳と英文和訳』潮文閣 1950
  • 『入門英作文と英文法』潮文閣 1950
  • 『入門英文解釋』潮文閣 1950
  • 『ABCから會話まで』潮文閣 1950
  • 『教養ドイツ語読本』(編著)第三書房 1960

翻訳編集

参考文献編集

  • 「大野俊一教授経歴」(『武蔵大学人文学会雑誌』、1973年)