大野町 (北海道)

日本の北海道亀田郡にあった町

大野町(おおのちょう)は、北海道渡島支庁中部にあった

おおのちょう
大野町
法亀寺しだれ桜
法亀寺しだれ桜
Symbol of Ono, Hokkaido.svg
大野町章
廃止日 2006年2月1日
廃止理由 新設合併
上磯町大野町北斗市
現在の自治体 北斗市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 渡島支庁
亀田郡
市町村コード 01336-6
面積 134.88km2
総人口 11,044
(住民基本台帳人口、2005年12月末)
隣接自治体 上磯郡上磯町亀田郡七飯町
茅部郡森町
檜山郡厚沢部町
町の木 オンコ
町の花 ツツジ
大野町役場
所在地 041-1201
北海道亀田郡大野町本町175番地
(現在の北斗市本町1丁目1番1号)
座標 北緯41度52分59.2秒
東経140度38分37.6秒
北海道内における大野町の位置
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
横へ伸びた氷柱(大野駅前郵便局)

概要編集

北海道の水田発祥の地である。

町名の由来は以下の複数の説がある。

  • かつてこの地が広い野原だったことに由来
  • この地への移住者の郷土名(福井県大野市
  • アイヌ語の「オンネ」(大きい方の意)より

2006年2月1日上磯町・大野町で合併して市制施行し、北斗市となった。なお、大野町役場は北斗市の分庁舎となっている。

町が消滅して10年後の2016年3月の北海道新幹線開通に伴い、渡島大野駅は新函館北斗駅と改名して新幹線の終着駅となった。

地理編集

渡島管内中部に位置。南部は平野で、北部は山岳。

町を南東から北西にかけて大野川国道227号が縦断する。

  • 山:
  • 河川:大野川
  • 湖沼:

隣接していた自治体編集

沿革編集

経済編集

基幹産業は農業(稲作、畑作)。北海道の水田発祥の地で、1685年から稲作が行われている記録がある。

教育編集

交通編集

鉄道編集

バス編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

  • せせらぎ温泉
  • 佐々木観光アヤメ園
  • 北海道水田発祥の地碑
  • 八郎沼公園
  • 匠の森公園

出身の人物編集

ゆかりのある人物編集

関連項目編集

外部リンク編集