メインメニューを開く

大阪の女」(おおさかのひと)は、1970年に発表されたザ・ピーナッツ楽曲である。

目次

概要編集

ザ・ピーナッツの歌としては極めて珍しく、ジャンルはポップスながらも演歌調の歌唱となった。

中村泰士の手により大阪のイメージを極力出した楽曲に仕上げてあるが、歌詞の中にあまり大阪の地名は出てこない。わずかに1ヶ所、北の新地とあるのみである。また歌詞の最後に「京都あたりへ行きたいわ」とも出てくる。

この時期には「-の女」(「-のひと」と読む)シリーズとして、「-の女」というタイトルの楽曲が多く発表されていた(他には「サンフランシスコの女」「リオの女」「東京の女」)。

この曲は現在でも、ザ・ピーナッツのアルバムCDに収録される定番曲であり、知名度も比較的高い。

作成者編集

カバー編集

脚注編集