大阪外環状鉄道

大阪外環状鉄道株式会社(おおさかそとかんじょうてつどう)は、大阪府で鉄道路線を運営する大阪府大阪市西日本旅客鉄道(JR西日本)および東大阪市を始めとする沿線自治体などが出資する第三セクター方式の鉄道会社で、JR西日本の持分法適用関連会社のひとつである。

大阪外環状鉄道株式会社
Osaka Soto-Kanjo Railway Co., Ltd
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
541-0042
大阪府大阪市中央区今橋2丁目3番21号 藤浪ビル7階
設立 1996年平成8年)11月21日
業種 陸運業
法人番号 2120001072553
事業内容 鉄道事業法に基づく第三種鉄道事業、鉄道施設の貸付・譲渡など
代表者 代表取締役社長 北園 茂喜
資本金 207億69百万円(2015年3月期)
売上高 8億96百万円(2015年3月期)
営業利益 △5億83百万円(2015年3月期)
純利益 △7億16百万円(2015年3月期)
純資産 113億15百万円(2016年3月31日時点)
総資産 695億19百万円(2016年3月31日時点)[1]
従業員数 18人(2015年7月1日時点)[2]
決算期 3月31日
主要株主 大阪府 28.82%
大阪市 28.82%
西日本旅客鉄道株式会社 23.70%
東大阪市 8.43%
吹田市 2.11%
八尾市 2.11%
2016年3月31日現在)
外部リンク http://www.osr.co.jp/
テンプレートを表示

大阪から放射状に延びる既設の鉄道路線を連絡する目的で、東海道本線吹田駅から放出駅を経て関西本線八尾駅に至る片町線の貨物支線である城東貨物線を旅客線化し、完成後は、新大阪駅から久宝寺駅を結ぶおおさか東線(正式名称決定までの仮称は大阪外環状線)として、西日本旅客鉄道が第二鉄道事業者として運営、大阪外環状鉄道は第三種鉄道事業者として施設を保有する。

目次

沿革編集

  • 1996年(平成8年)11月21日 - 設立。
  • 2008年(平成20年)3月15日 - おおさか東線 放出 - 久宝寺間部分開業。
  • 2008年(平成20年)12月1日 - 本社を大阪市北区から大阪市中央区に移転。
  • 2019年(平成31年)春ごろ - おおさか東線 新大阪 - 放出間開業、全線開通予定。

路線編集

建設の経緯、駅、運行形態などは以下の項目を参照。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 第20期決算公告(平成28年3月31日) (PDF)”. 大阪外環状鉄道株式会社. 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ 大阪府/出資法人等の事業の実施状況、経営状況等の評価結果 - 【都市整備部】大阪外環状鉄道(株) (PDF)”. 大阪府 (2016年7月1日). 2017年3月14日閲覧。

外部リンク編集