メインメニューを開く

大阪緑涼高等学校(おおさかりょくりょうこうとうがっこう)は、大阪府藤井寺市春日丘三丁目にある私立高等学校(但し校舎は羽曳野市高鷲三丁目になる)。

大阪緑涼高等学校
Osaka Women's Junior College1.jpg
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人谷岡学園
設立年月日 1941年
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
高校コード 27555H
所在地 583-8558
大阪府藤井寺市春日丘三丁目8番1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

目次

概要編集

もともとは相愛学園の同窓生が中心となって開校させた学校である。現在は、大阪女子短期大学大阪商業大学などを運営する学校法人谷岡学園が運営している。

「新・教養ルネッサンス」を掲げて、受験教科偏重などではない全人的な教育を目指している。少人数指導で基礎的な学習内容の定着を図ることや、土曜日の授業実施などの取り組みもおこなっている。

なお、運営母体である大阪女子短期大学は2018年3月に閉学となった[1]が、これに伴い本校についても2017年4月に「大阪緑涼高等学校」に改称した[2]

2018年度より、普通科(文理ハイレベルコースのみ)、調理製菓科において共学化となった[3]

沿革編集

  • 1941年 - 相愛学園の同窓会を母体に藤井寺学園相愛第二高等女学校が開校
  • 1942年 - 藤井寺高等女学校に改称。
  • 1948年 - 学制改革により、藤井寺高等学校に改称。
  • 1952年 - 相愛第二高等学校に校名変更。
  • 1954年 - 藤井寺学園を谷岡学園が吸収合併、相愛第二高等学校を大阪商業大学附属女子高等学校に改称。
  • 1955年 - 大阪女子短期大学開学に伴い、大阪商業大学附属女子高等学校から大阪女子短期大学附属高等学校に変更。
  • 1992年 - 大阪女子短期大学高等学校に変更。
  • 1993年 - 制服改定。韓国・昌文女子高等学校と国際交流プログラム開始。
  • 2017年 - 学校名を「大阪女子短期大学高等学校」から「大阪緑涼高等学校」に改称。
  • 2018年 - 普通科(文理ハイレベルコース)、調理製菓科において共学化。

出身者編集

交通編集

その他編集

同校に2015年に就任した教頭が、2018年3月頃から帰宅が未明になることが多くなり、体調の変調を訴えるようになって、その後同月末に自殺。死亡直前の時間外労働の日数は月215時間にも及んでいた。教頭の遺族らは、校長や事務局長からの高圧的な指導や、極度の長時間労働が原因で精神障害を発症し、これらが自殺の要因となったとして、学校を運営する谷岡学園を相手取り、大阪地方裁判所に訴訟を起こした[5]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集